編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

NRIセキュア、セキュリティ対策実行支援プラットフォーム「Secure SketCH」のPREMIUMプランに新機能を追加

〜 導入企業独自のタスク管理と対策ロードマップ策定を支援 〜

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2020-08-11 00:00

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、企業の情報セキュリティ対策実行を支援するプラットフォーム「Secure SketCH(セキュア スケッチ)」の有償プラン「PREMIUM(プレミアム)プラン」において、「タスク管理機能」と「対策計画編集機能」の提供を本日開始します。

これらの新機能を利用することで、導入企業はセキュリティ対策を実行する際のタスク(業務)を詳細に管理し、自社の状況を踏まえた実行計画(ロードマップ)を策定できるようになりました。対策状況の可視化から実行までのPDCAサイクルを、より効果的に運用することが可能になります。

新機能の概要と特長は、以下の通りです。

1.タスク管理機能
セキュリティ対策を実行する過程で必要なタスクを、管理・可視化する機能です。対策ごとに求められる作業やプロセスを細分化し、タスクとして登録するとともに、優先度、担当者、期日を設定できるようになりました。入力したタスクを、一覧表示することも可能です(図1)。導入企業のセキュリティ担当者は、Secure SketCHの管理画面上で、各タスクの進捗状況を一元的に管理できるようになり、実施漏れを防ぐことで、対策を確実に実行できます。

図1:タスクの一覧表示画面のイメージ

2.対策計画編集機能
Secure SketCHの既存機能である「対策計画機能」では、入力された自社の対策状況に合わせて、自動的に推奨ロードマップが表示されます。このロードマップを、導入企業が自由に編集し、独自の対策計画を作成することができる機能を新たに追加しました。各社固有の状況を加味して、実施する対策とその対策実行にかかる想定期間を編集し、ロードマップを作成することで、より実効性の高い計画の策定が可能になります(図2)。

また、ロードマップ通りに対策を実施した場合にセキュリティレベルがどう変化していくかについて、評価(スコア)が表示されるので、対策の有効性を時系列で分かりやすく確認することができます(図3)。

図2:ロードマップ編集画面のイメージ

図3:評価(スコア)の時間的推移を示すタイムライン画面のイメージ

本サービスの詳細については、次のWebサイトをご参照ください。

(リンク »)

NRIセキュアは今後も、Secure SketCHの機能強化・品質維持向上に努め、グローバルな規模で安全・安心な情報システム環境と社会の実現に貢献していきます。


ニュースに関するお問い合わせ
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 広報担当
E-mail: info@nri-secure.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

図1:タスクの一覧表示画面のイメージ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]