編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

見えるIVR ビジュアルIVR「Eye」の提供を開始しています

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー

2020-08-25 13:00

コールセンターの開発・構築・運営を中心としたシステムインテグレーションを行う、株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー (本社:神奈川県横須賀市、代表取締役:柴山 浩、以下CBA)は、クライアント企業様にて管理画面を編集できる「管理画面付き ビジュアルIVR」を、販売開始いたしました。
CBAのビジュアルIVR-「Eye」  (リンク »)

■ビジュアルIVR「Eye」開発の背景
多くのコールセンターはこれまで、IVR(自動音声応答装置)を使って用件の振り分けを行なって、最適なオペレータにつないだり、お客様の待ち時間の短縮を図ってきました。とはいえ、「音声ガイダンスが長すぎる」、「選択肢を覚えきれない」、「どれを選んだらよいかわからない」といった不満から、顧客のイライラや満足度の低下につながりやすいという現状もあります。

こうした状況を打開すべく、長年コールセンターシステムの開発を行ってきた弊社は、いつでもどこからでも問い合わせができる、「見える」IVR(ビジュアルIVR)「Eye」を開発いたしました。

■ビジュアルIVR「Eye」の特長
1. 管理画面から簡単カスタマイズ
クライアント企業様にてデザインやメニューを簡単に設定・変更できます。ドラッグアンドドロップで変更できるので、時間や労力をかけずに直感的にカスタマイズ可能です。

2. Googleアナリティクスとの連携でカスタマーエクスペリエンスの向上
Googleアナリティクスと連携して統計を出すので、Eyeでのお客様の行動を分析できます。お客様の潜在的ニーズを把握し、よりお客様に合わせたサービスの提供が可能になります。

3. 既存のコールセンターシステムと連携
既にお使いのコールセンターシステムに「Eye」を追加したいというご要望にもお応えできます。
また、「Eye」と特に相性の良いBright Patternコールセンターシステムとの連携では、オプションにてコールバックリクエスト機能を追加でき、即時コールバックや、曜日などを指定してコールバック予約する機能などをご利用いただけます。

4.ブラウザ上で完結
スマホやタブレットなどのWebブラウザさえあれば、お客様側のアプリダウンロードなどは不要です。すべてをWeb上で完結できます。

■ビジュアルIVR「Eye」サービス概要

【URLへ誘導】
① 音声電話から: 従来のIVRで「Eyeを利用する」を選択すると、URLがSMSで送信されます。URLをタップするだけで「Eye」を利用できます。
② Webサイトから: サイト内の「問い合わせボタン」をタップするだけで、「Eye」を利用できます。

【Eye(VIVR)で】
管理画面で設定した条件に従って、分岐されます。

【受電】
① 該当するサイトやページに誘導して自己解決
② チャットやSNSなどのテキストチャネルで問い合わせ
③ オペレータにつなぐ
   オペレータ画面に、お客様が選択した項目が表示されます。

■今後の展開
ビジュアルIVR「Eye」によって、企業様はお客様対応の自動化や、最適な担当オペレータへの通話誘導、お客様の応対待ち時間短縮、Googleアナリティクスデータの活用によるカスタマーエクスペリエンスの向上などが可能になります。

■会社概要
商号   : 株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
代表者  : 代表取締役 柴山 浩
所在地  : 〒239-0847 神奈川県横須賀市光の丘3番4号 YRPセンター1番館 508号室
設立   : 平成18年5月
事業内容 : コールセンターの開発・構築・運営を中心としたシステムインテグレーション
資本金  : 4016万円
URL : (リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
担当者名:大西
TEL:046-821-3362(代)
Email:marketing@cba-japan.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]