編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ウィズコロナ時代のテレワークに シェアNo.1メール誤送信防止・暗号化サービス Outlook on the webへの対応強化

NTTテクノクロス株式会社

2020-09-07 11:00

NTTテクノクロス株式会社(以下、NTTテクノクロス 本社:東京都港区芝浦、代表取締役社長:串間和彦)は、Microsoft 365のOutlook on the web(Web版Outlook)への対応を強化したメール誤送信防止・暗号化サービス「CipherCraft/Mail 7 for Microsoft 365」を2020月10月30日から販売します。
■背景
 新型コロナウイルス対策として、多くの企業でテレワークが増加したことにより、これまで郵送していた請求書や納品書をメールで送る機会が増えています。それに伴い、メールの宛先や添付ファイルを誤って送信するリスクも増加し、企業にとってテレワーク時のメール誤送信対策が急務となっています。
 NTTテクノクロスは、2003年からメール誤送信防止サービスを提供し、メール誤送信防止市場においてシェアNo.1*1を獲得しています。この度「Outlook on the webによるメール送信時に送信確認画面をポップアップさせたい」という多くの声に応え、新たなラインアップを追加しました。

■特長
(1)メール送信時にポップアップ画面で送信再確認
 これまでのOutlook on the webに対する誤送信防止では、メールを送信すると一旦メールが保留され、サーバーからURLが自動返信されました。そのURLにユーザーがアクセスして、宛先や本文内容などを確認していたため、送信時の手間が煩雑になってしまうことが課題でした。
 CipherCraft/Mail 7 for Microsoft 365では、通常のメール送信と手間はほとんど変わらず、送信ボタンを押したタイミングで画面がポップアップして再確認できるため、メール送信者の負担を最大限軽減させながら安全にメールを送ることができます。

(2)Microsoft 365の管理画面から簡単導入
 管理者がMicrosoft 365の管理画面からアドインを追加すれば、ユーザーはインストール作業不要です。導入時におけるユーザーの手間が少なく、メール誤送信対策が簡単に可能です。

■価格(税別)
 年間サブスクリプション:16万円(100ユーザー)

■CipherCraft/Mailとは
 メール誤送信防止・暗号化対策ソフト「CipherCraft/Mail (サイファークラフト メール)」は、メール送信前の再確認や、添付ファイル暗号化により、情報漏えいを防ぎます。2003年から販売を開始し、12年連続国内シェアトップを獲得しています。( (リンク ») )

このプレスリリースの付帯情報

CipherCraft/Mail 7 for Microsoft 365の利用イメージ

用語解説

*1:ミック経済研究所 サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望2019【Web&メールセキュリティ編】
*「CipherCraft」はNTTテクノクロス株式会社の登録商標です。
*「CipherCraft」はNTTグループのAI「corevo®」のAI技術を活用したサービスの1つです。
*「corevo®」は日本電信電話株式会社の登録商標です。 ( (リンク ») )
* 記載されている商品名・会社名などの固有名詞は一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]