編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

人間味のある非接触対応を。デジタルヒューマンの提供を開始いたしました。

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー

2020-09-24 15:00

コールセンターおよびコンタクトセンター向けソリューション、各種業務自動化ツールやソリューションを展開する、株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー (本社:神奈川県横須賀市、代表取締役:柴山 浩、以下CBA)は、非接触でも人間味のある接客を実現する「デジタルヒューマン」の提供を開始いたしました。

デジタルと感情の間「デジタルヒューマン」  (リンク »)

■デジタルヒューマン提供の背景
ウィズ・アフターコロナを見すえて「非接触」「非対面」といったニューノーマルへの対応が叫ばれる昨今、企業の接客方法もこれまでと異なるアプローチが求められています。すでにチャットボットやリモートデスクトップなどが実現してはいますが、特にこれまで主に対面で接客してきた場面においては、すべてを無機質なデジタルに置き換えることへの抵抗感も強く、十分な対応ができていないのが現状です。

デジタルへの抵抗感の一因は、感情のこもらないデジタル音声やチャットの対応では、お客様の足が遠のいてしまう可能性があるという危惧です。
なぜなら、人間には感情があり、どのような場面においても「人とのふれあい」は生活に欠かせない大切な側面だからです。

■デジタルヒューマンの特長
1. 頭脳の可能性は無限大
つなげるAIシステムの種類によってナレッジを無限に学習するため、応答の精度向上はもちろんのこと、複数言語での対応も可能です。

2. 繊細な感情を理解し表現
AIプラットフォームで会話の内容やお客様の表情を解析し、会話の流れに沿った自然な感情を声のトーンや表情などで繊細かつ美しく表現します。デジタルでありながらお客様との感情的な結びつきを生み出し、長期的な利益やロイヤリティにつながります。

3. 場所を選ばない自在性
画面さえあれば、ブラウザ上やモバイル、スーパーやコンビニなどの店舗、飲食店、人の多い展示場など、どこででもお客様とコミュニケーションをとれます。

4.感染リスクゼロ。24時間365日リアルタイムで顧客対応。
もちろん、感染症の心配は無用です。コロナ禍のような感染防止策を講じる必要のある状況下での事業継続に最適です。
また、休憩時間や休暇も不要なので、24時間365日リアルタイムで人間味のあるサービスを提供できます。

■今後の展開
声のトーンや表情など細やかな感情を表現する温かさと24時間365日感染や過重労働の心配をせずにリアルタイム対応できるデジタルのメリットを融合したデジタルヒューマンによって、企業様は感染症パンデミックや自然災害などの非常事態の際でも事業を継続できるだけでなく、高度でありながら温かみのあるこれまでにないカスタマーエクスペリエンスの提供が可能になります。その結果、心理的つながりを築いた顧客のロイヤリティ向上が大いに期待できます。

■会社概要
商号   : 株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
代表者  : 代表取締役 柴山 浩
所在地  : 〒239-0847 神奈川県横須賀市光の丘3番4号 YRPセンター1番館 508号室
設立   : 平成18年5月
事業内容 : コールセンターの開発・構築・運営を中心としたシステムインテグレーション
資本金  : 4016万円
URL : (リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
担当:インサイドセールス
TEL:046-821-3362(代)
Email:marketing@cba-japan.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]