編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

フレキシブルに全世界へ接続可能な閉域網「Clara Cloud Connect」提供開始

株式会社クララオンライン

From: PR TIMES

2020-11-18 12:46

社会課題を解決し、次の時代を道づくる事業を展開するクララオンライングループは、フレキシブルに全世界へのプライベート接続が可能となるサービス「Clara Cloud Connect」の提供を開始いたしました。Clara Cloud Connectの利用により、パブリッククラウド・お客様拠点・データセンタを素早く簡単にネットワーク構築ができ、安定した高いセキュリティを保持した通信を、必要なときに必要な分だけご利用が可能です。



[画像1: (リンク ») ]

Clara Cloud Connect
(リンク »)

Clara Cloud Connectは、世界をリードする、フレキシブルなインターコネクションサービスを提供しているサービスプロバイダーのMegaport とのパートナーシップにより、世界中のネットワークへの接続を実現しています。
[画像2: (リンク ») ]


■ハイブリッドクラウドへの期待
日本企業におけるクラウドサービスの利用割合は64.7%となっており、また、複数のクラウドを利用するマルチクラウド化が一般化しています(総務省、令和2年版 情報通信白書)。
しかし、近年ではオンプレミスサーバへの回帰も見られ、パブリッククラウドからオンプレミスやプライベートクラウドへの移行、または2年以内に移行予定とした企業はそれぞれ85%を超えています。また、オンプレミスとパブリッククラウドを併用し、自社にとって最適なハイブリッドクラウド環境を実現する層は、2年後に約2.7倍に拡大する見込みです(IDC Japan 株式会社調査,2020年7月)。
今後、より最適なパブリッククラウド環境を実現するためには、アプリケーションに応じてクラウドインフラを使い分ける需要が高まることが予想されています。そのため、本サービスによりフレキシブルな接続を実現します。
[出典: 総務省 令和2年版 情報通信白書
(リンク ») ] (リンク »)
[出典IDC Japan 株式会社、国内ハイブリッドクラウドインフラストラクチャ利用動向調査結果
(リンク ») ] (リンク »)

■Clara Cloud Connectサービス内容
・閉域網接続サービスを発注から5営業日で利用可能です。(最低利用期間1ヵ月)
・Nutanixを月額サブスクリプションで利用できる”Clara Cloud”やAWS(Amazon Web Survices)、Microsoft Azureなどの各種クラウドサービスとMegaportが接続する各種クラウドサービス及び世界中のデータセンタへの通信サービスのご提供が可能です。
・帯域は10Mbps~10Gbps をご用意しています。
・初期費用・長期契約不要、料金は月額8万円(税抜)~です。

■China Connectとの相互接続
クララオンラインが提供するChina Connectと、世界中にあるMegaport社のネットワークサービスの相互接続により、中国への接続も一元的に行うことが可能となりました。
China Connectは、中国最大手の通信事業者である中国電信のグローバルネットワークバックボーンを利用することにより、通信遅延の影響を最小にした日中間の高速かつセキュアなネットワークを実現しています。

■株式会社クララオンライン
[画像3: (リンク ») ]


創業 : 1997年5月20日
代表取締役社長:家本 賢太郎
コーポレートサイト: (リンク »)
サービスサイト: (リンク »)

■CLARA ONLINE, Inc.
Established: 20 May 1997
CEO: Kentaro Iemoto
Corporate site: (リンク »)
Service site: (リンク »)

■Megaport Japan K.K.
[画像4: (リンク ») ]

東京都港区赤坂一丁目14番5号 アークヒルズイグゼクティブタワー501号室
Megaport: (リンク »)
(リンク »)
Follow Megaport on Twitter: @megaportnetwork
Like Megaport on Facebook

Megaportは、世界をリードする、フレキシブルなインターコネクションサービスを提供しているサービスプロバイダーです。Software Defined Networking(SDN)を使用した同社のグローバルプラットフォームにより、お客様はMegaportネットワークを経由して、他のサービスに迅速に接続できます。Megaportのサービスは、モバイルデバイス、コンピューター、またはオープンAPIを介してお客様により直接制御可能です。Megaportは、700を超えるデータセンタから1,850を超える顧客をグローバルに接続しています。
Megaportは、Alibaba Cloudテクノロジーパートナー、AWSテクノロジーパートナー、
AWS Networking Competencyパートナー、Google Cloud Interconnectパートナー、
IBM Direct Link Cloud Exchangeプロバイダー、Microsoft Azure Express Routeパートナー、
Nutanix Direct Connectパートナー、Oracle Cloudパートナー、Salesforce Express Connectパートナー、
およびSAP PartnerEdge Open Ecosystem Partnerです。
Megaport、Virtual Cross Connect、VXC、およびMegaIXは、
Megaport(Services)Pty Ltd ACN 607 432 646の登録商標です。
Megaportの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。
Megaport: (リンク »)
(リンク »)
Follow Megaport on Twitter: @megaportnetwork
Like Megaport on Facebook

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クララオンラインの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]