編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

米チェスターフィールド郡公立学校、 エンジニアがCitrix®でパンデミック問題を解決

STEMラボの運営と学生の学習を維持するために、デジタル・ワークスペース技術を導入

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

2020-12-02 11:00

米国チェスターフィールド郡公立学校(CCPS)は、新型コロナウイルスの感染拡大による学校閉鎖を受け、CADソフトウェアなど高スペックなコンピュータを利用する同校のエンジニアキャリア・技術教育(以下、CTE)プログラムを受講する約5,000人の生徒向けのSTEMベースのカリキュラムを遠隔授業で提供するために、Citrix Systemsのデジタル・ワークスペース・ソリューション、Citrix® Virtual Apps and Desktops™、Citrix Remote PC Access™を採用したことを発表しました。同校は、生徒が自宅でのリモート学習に必要な、安全で信頼性の高い遠隔授業の環境構築をわずか2週間で実現しています。
2020年11月17日、米国フロリダ州フォートローダーデール ― 米国チェスターフィールド郡公立学校(CCPS)は、新型コロナウイルスの感染拡大による学校閉鎖を受け、CADソフトウェアなど高スペックなコンピュータを利用する同校のエンジニアキャリア・技術教育(以下、CTE)プログラムを受講する約5,000人の生徒向けのSTEMベースのカリキュラムを遠隔授業で提供するために、Citrix Systemsのデジタル・ワークスペース・ソリューション、Citrix® Virtual Apps and Desktops™、Citrix Remote PC Access™を採用したことを発表しました。同校は、生徒が自宅でのリモート学習に必要な、安全で信頼性の高い遠隔授業の環境構築をわずか2週間で実現しています。

これまでチェスターフィールド郡公立学校(CCPS)のCTEプログラムの一部として教えられているSTEMベースのカリキュラムは、12校の研究室に設置されたCADステーション上で実行される、メモリと演算量を多く消費するソフトウェアに大きく依存していました。CCPSのネットワーク・マネージャー、アキム・パーディ氏は次のように述べています。 「これら研究室で利用しているソフトウェアを普通のPCで実行するのは困難です。高性能マシンにアクセスできなければ、生徒は効果的に学習することができません」
このような状況に直面し、全国の多くの地区では、生徒が教室に戻れるようになるまでSTEMプログラムを中断することを選択しました。しかし、CCPSでは遠隔授業の提供へ向けソリューションを調査後、Citrixの採用を決定しました。

新型コロナウイルスへ対応した柔軟なワークモデルを実現するために、世界中の40万社以上の企業がCitrixのデジタルワークスペースソリューションを利用しています。同校でもCitrix® Virtual Apps and Desktops™とCitrix Remote PC Access™を採用し、CTEの学生が学習に必要なすべてのリソースに安全にアクセスできる身近な仮想デスクトップと、自宅にいながらにして優れた能力を発揮できる高性能な体験を2週間足らずで提供しました。
「Citrixを使用することで、学生は学校から支給されたChromebookから研究室で使用しているCADステーションに素早く簡単に接続することができます。常に高いクオリティで、信頼性の高い方法で提供されるので、生徒たちは集中して最高のパフォーマンスを発揮することができます」とパーディ氏は述べています。

CCPSのほかに、より良い学習方法を実現するためにCitrixのソリューションを使用している教育機関は数百校にのぼります。これらのソリューションの詳細と提供できる価値については、 (リンク ») をご覧ください。

チェスターフィールド郡公立学校(CCPS)について
CCPSは、バージニア州チェスターフィールド郡の公立学校で、39の小学校(幼稚園-5年生)、12の中学校(6-8年生)、11の高校(9-12年生)にまたがる63,000人以上の生徒が所属しています。詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

Citrixについて
Citrix(NASDAQ:CTXS)は、オフィス、自宅、現場など、仕事が行われる場所に関わらず、一貫して充実した労働環境を提供できるように支援します。 CitrixのDigital Workspaceは、従業員が最高の仕事をするために必要なものを提供し、Citrixのプラットフォームはユーザーエクスペリエンス、ITの柔軟性、セキュリティを兼ね備えており、イノベーション、レジリエンス、事業継続性を促進します。Citrixの詳細についてはwww.citrix.com/ja-jp/をご覧ください。

Citrixの持続可能な社会への取り組みについて
Citrixのコアバリューは、Integrity(誠実さ)、Respect(尊敬)、Curiosity(好奇心)、Courage(勇気) そして Unity(団結力)です。私たちはこのバリューに基づき、持続可能な社会づくりに真剣に取り組んでいます。私たちの提供するソリューションが実現するテレワークは大気汚染を改善するだけでなく、生活のあらゆる面をより持続的なものにすると信じています。CitrixのSustainabilityへの取り組みについては (リンク ») をご覧ください。

©2020 Citrix Systems, Inc. Citrix

<Citrix製品に関するお問合せ>
(リンク »)

<本件に関する報道関係者からのお問合せ先>
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
コーポレートコミュニケーションマネージャー
小保方 順子
Mobile: 080-3154-9655
Email: yoriko.obokata@citrix.com

【ソーシャルアカウント】
・Twitter: (リンク »)
・Facebook: (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]