編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

総合危機管理プラットフォームCrisisGo(クライシスゴー)の提供を開始いたしました。

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー

2021-01-25 09:00

コンタクトセンター向けソリューション、各種業務自動化ツールやソリューションを展開するコミュニケーションビジネスアヴェニュー(本社:神奈川県横須賀市、代表取締役:柴山 浩)は、国内唯一のCrisisGo販売店として、総合危機管理プラットフォームCrisisGo(クライシスゴー)の提供を開始いたしました。
cba-japan.com/crisisgo/

このプラットフォームにより、企業や教育機関は災害や感染症拡大、学校でのいじめなど日常生活を脅かす危険や脅威を見据えた危機管理及び予防対策を1つのプラットフォームで効率的に講じることができるようになります。

■背景
コロナウィルス感染拡大に始まりそして終わった2020年。まさに想定外、予測不能な出来事の連続でした。さらにこうした状況でも、地震や集中豪雨などの自然災害や緊急事態は待ったなしで発生しています。
いつ、なにが、どこで起きるかわからない、起きても不思議でない今、時間や場所、デバイスに縛られない危機対応のための事前の備えが、事業継続と関係者の安全確保のための喫緊の課題となっています。

■CrisisGo(クライシスゴー)の特徴
総合危機管理プラットフォームCrisisGo(クライシスゴー)は、有事の際の危機管理と事業継続に必須である「緊急事態の予防」、「備え」、「非常時の冷静な行動」、「復帰プランの実行」を単一のプラットフォーム上で実施できます。
CrisisGo(クライシスゴー)には以下の機能/アプリがあります。

【セーフティiPass】
コロナ禍の事業継続に不可欠である、出勤前/イベント参加前の健康調査、入館可否の認定、移動履歴の追跡を1つのアプリで完結します。
来館前に入館可否が明確になっているため、感染疑いのある人の移動や出社を可能な限り避けられると共に、ソーシャルディスタンスを確保した場合でも入り口の混雑(密)を避けられます。

【アラートゲートウェイ】
地震や悪天候の情報など、他のセキュリティシステムで緊急事態が通知された場合、CrisisGoアラートを有効化してメールやSMSで緊急情報を社員/関係者に送信します。関係者側から自身の安全状況を報告できるので、安否確認とそれに基づいた支援を迅速に行えます。
平時には、安全対策教育ツールとしても使用できます。

【脅威調査管理ツール】
いじめや暴力といった学校生活における脅威をアンケートで調査、特定し、対策の策定からその実行状況の監視やレポート作成までを行なえるツールです。

【Safe2SpeakUp学生アプリ】
生徒・児童が匿名でいじめや暴力などを報告したり、写真や動画、緊急時には現在地のGPSピンを送信して学校側と連絡を取ることができるアプリです。安全上のリスクと対策について事前に学習することも可能です。
学校側がCrisisGoのシステムを導入すると、生徒用にアカウントを発行し、アプリにログインして利用開始できます。アプリはGoogle Play、App Store, Chrome Web Storeからインストールできます。

■活用シーン
1.職場の感染症対策に
・出社前の健康調査アンケートに基づき入館の可否を決定
・スマホ上の入館パスでスムーズな入館チェック
・QRコードで社内の移動履歴を管理して、感染者発生時のスムーズな濃厚接触者のトレース

2.災害時の安否確認や情報共有に
・災害発生時などに、メールやSMSで緊急情報を全関係者に送信
・社員や関係者は自分の状況をリアルタイムで発信可能。サポートが必要な人を迅速に把握
・普段から安全リスクや解決策を通知しておくことで、緊急時の備えが可能。

3.子供たちの安全管理に
・子供たちの安全を脅かすいじめや暴力といった脅威を速やかに調査・特定、対応
・子供たち自身がいじめなどを匿名で報告したり、緊急時に速やかに場所や状況を連絡可能

■今後の展開
脅威の把握から対策、実行、復帰まで同じプラットフォームで実現できる総合危機管理プラットフォームCrisisGo(クライシスゴー)によって、予測不能な災害や危機への最大限の対策を効率的かつ簡単に講じることが可能になります。多種多様な業種の企業様や教育機関様の業務継続の一助になると共に、従業員や生徒・児童の安全、安心を確保することによって、相互の信頼関係の構築をお手伝いいたします。

■会社概要
商号   : 株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
代表者  : 代表取締役 柴山 浩
所在地  : 〒239-0847 神奈川県横須賀市光の丘3番4号 YRPセンター1番館 508号室
設立   : 平成18年5月
事業内容 : コールセンターの開発・構築・運営を中心としたシステムインテグレーション
資本金  : 4016万円
URL : (リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
担当:インサイドセールス
TEL:046-821-3362(代)
Email:marketing@cba-japan.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]