編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

インフォマティカ、業界初のデジタルトランスフォーメーション基盤「Intelligent Data Management Cloud」を発表

AIを活用したクラウドファースト、クラウドネイティブのエンドツーエンドなプラットフォームであらゆるプラットフォーム、クラウド、ユーザーにシームレスなデータマネジメントを提供

インフォマティカ・ジャパン株式会社

2021-04-21 11:00

インフォマティカ(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、以下インフォマティカ)は、業界初となるAIを活用した最も包括的なエンドツーエンドのデータマネジメントプラットフォーム「Intelligent Data Management Cloud(IDMC)」を発表しました。これは、IT部門だけでなく、企業内の全てのユーザーが、あらゆるプラットフォーム、クラウド/マルチクラウド/マルチハイブリッド環境で、データによる変革を実現できるように設計されたものです。

企業は、今後5年間で組織全体の多数のプラットフォーム、クラウド、サイロ化されたシステムに分散したデータの課題に、ますます取り組む必要が出てくると予想されています。このような状態では、企業内のユーザーが適切なデータにアクセスして利活用することがより複雑化し、本来のデジタルトランスフォーメーションを実現することが困難となります。インフォマティカのIDMCは、業界初となるAIを活用した最も包括的なエンドツーエンドのデータマネジメントプラットフォームとして、200以上のインテリジェントなクラウドサービスを提供します。これにより、カスタマーエクスペリエンス、eコマース、サプライチェーン、製造からアナリティクス、データサイエンスに至るまで、あらゆるビジネス機能の変革の進め方を再構築し、再定義することが可能となります。これは、すべての組織がデータの力によって、卓越した成果を上げることが可能な世界を創造するという、インフォマティカのミッションを実現したものです。

IDMCは、業界で最も包括的かつ最新のエンタープライズクラウドデータマネジメントプラットフォームとして、業界初となる以下の機能を提供します。
• ビジネスニーズの高まりに応じてクラウドネイティブを大規模に展開:企業のクラウド移行に伴い、データは急激に増加しています。マイクロサービスベースでAPI主導型のIDMCは、企業のあらゆるワークロードに合わせて拡張でき、弾力性の高いサーバーレスの処理を実行します。また、クラウドネイティブを強化し、データの統合、アプリとAPIの統合、データマネジメントを含むあらゆるサービスを単一のクラウドネイティブなプラットフォームで提供します。企業は、ビジネスニーズに応じてデータ処理を拡張することができると同時に、形式やレイテンシを問わずデータを取り込むことが可能になるので、データの民主化を推進し、データ主導型のインサイトによりビジネスユーザーを支援することができるようになります。

• AIを活用したメタデータ主導型のインテリジェンスで大規模にデータをインサイトに変換:企業は、断片化と分散化が進んだデータ環境で一日に何ペタバイトものデータを処理しています。そのような中、スマートな意思決定を支えるインサイトをリアルタイムで得られる、AIを活用したメタデータ主導型の記録システムは必要不可欠といえます。IDMCの中核を成すインフォマティカのAIエンジン「CLAIRE」(注1)は、数カ月を要するインテリジェンスや自動化とは対照的に、AIと機械学習を活用して数分で膨大なデータからインサイトを導き出し、企業の生産性を大幅に向上させます。

• クラウドやプラットフォームを問わない業界初のエンタープライズデータマネジメントを実現:デジタルトランスフォーメーションの基盤となるIDMCは、場所やプラットフォームにかかわらず、企業がデータの可視化と分析を行い、共同作業ができるよう支援します。また、同プラットフォームは、データ統合、アプリ統合、API管理、データマネジメントを全て1カ所で大規模に実行できる、単一のクラウドネイティブプラットフォームです。ハイブリッド/マルチクラウド環境向けに構築されており、クラウド上ですべてのワークロードをエンタープライズ規模で実行し、現在、毎月17兆以上のトランザクションを処理しています。クラウド内、クラウドからオンプレミス、オンプレミスからオンプレミスなど、企業はデータの流れる環境に関わらず、データの接続、アクセス、利用、管理が可能になります。

• ローコード/ノーコードのクラウドデータマネジメントでアジャイルなイノベーションを実現:ビジネスにおいて、変化し続ける動的なニーズに対応するためには高度な俊敏性が必要です。IDMCはローコードまたはノーコードで俊敏性とコラボレーションを最大化します。これにより、企業は構想から実装まで社内で実行できるので、コードの開発費や維持費を負担することなく、動的なビジネス要件と変化にリアルタイムで対応できるようになります。また、信頼性が高くタイムリーで実用的なデータインサイトを大規模に展開し、ビジネス全体でデータを民主化することで、企業はカスタマーエクスペリエンスからeコマース、財務変革、サプライチェーン管理に至るまで、ビジネスイニシアチブのデジタルトランスフォーメーションを実現できます。

• クラス最高のデータガバナンスを採用したセキュリティと信頼性:IDMCは、設計原理としてセキュリティと信頼性を備えています。データは今日の企業にとって最も価値のある資産であり、データの保護は必要不可欠です。IDMCは、業界最高水準のデータセキュリティとガバナンスにより、適切な部門での迅速なアクセスのほか、データだけでなくAIモデルやパイプラインなどの分析結果が把握できるようポリシーを定めて実行します。全社的に一貫性のあるデータ品質で信頼性を確保し、データを保護することでプライバシーリスクを最小限に抑え、法規制へのコンプライアンスを確保します。

インフォマティカのIDMCは従量課金制で提供されるため、企業やパートナーは自社のビジネスに合ったペースで柔軟にクラウドを拡張できます。インフォマティカはまた、誰もが簡単にIDMCにアクセスして検証可能とするために、Microsoft Azure向けの無料サービスモデルも提供しています。

(注1)インテリジェントなデータプラットフォームの人工知能
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]