編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

HyperX、Red Bull Racing eスポーツチームとパートナーシップを締結

Kingston Technology Company

From: DreamNews

2021-04-28 11:00

台湾・台北市、2021年4月28日 -業界トップのゲーミング周辺機器ブランドであるHyperX( (リンク ») )は本日、Red Bull Racing eスポーツチームの周辺機器の公式パートナーとしてタッグを組むことを発表しました。競争上の優位性をもたらし、eスポーツを次のレベルに引き上げるため、Red Bull Racing eスポーツチームは、HyperXの市場をリードするゲーミングマウスとキーボード、および各種受賞歴のあるCloudヘッドセットを利用してトレーニングや選手権大会に臨みます。このパートナーシップの一環として、チームキットやゲーム内のチームカーのペイントにHyperXのブランドロゴが採用されます。



高品質な周辺機器を作り出すHyperXは、世界中のゲーミングコミュニティの間で高い評価を受けています。ゲーミング体験を強化し、快適な使い心地とプレイのしやすさが特徴の周辺機器を使用することで、プロプレイヤーがレーシングゲームで30分でも6時間でも集中し続け、冴え渡るプレイを披露することができます。

「Red BullとHyperXは長年にわたってパートナーとして協力し、ライブアリーナトーナメントや選手権大会を開催してきました。そのため、このパートナーシップを拡大し、Red Bull Racing eスポーツチームのスポンサーにHyperXが加わることは自然な流れでした。」HyperXからのコメントです。「また、HyperXのブランドと、Red Bullの人とアイデアに「翼をさずける」というメッセージは、多くの相乗効果を生んでいます。HyperXの原動力となっているのは、ゲーミング文化を形作り、一人ひとりが自己ベストを達成する力になりたいという情熱です。」

HyperXのCloudゲーミングヘッドセットシリーズは、Red Bull Racing eスポーツのドライバーが重要な情報を確実にキャッチできる最高品質のオーディオを提供するだけではありません。軽量で、HyperXを代表するメモリフォームをイヤーカップとヘッドバンドに採用することで、快適な装着感を実現しています。



「当社のeスポーツチームは目覚ましい成長を遂げ、大きな成果を上げています。それに伴い、ゲーミング業界の他のマーケットリーダーとパートナーシップを組む機会も生まれています。」Red Bull Racing Hondaの最高マーケティング責任者、Oliver Hughes氏からのコメントです。「さまざまなバリエーションのあるレーシングシミュレーションシリーズで勝利を収めるには、トレーニングや競技の間にどれだけ集中力を維持できるかにかかっています。ドライバーは膨大な量の音声および視覚情報を驚くほどすばやく処理し、一瞬で適切な判断を下す必要があります。何かに気を取られることが命取りになるのです。ですから、優秀な周辺機器を使用することが不可欠になります。HyperXとの新しいパートナーシップにより、Red Bull Racingチームのレーサーのオーディオ体験と競争力が高まることは間違いありません。」



その他のコンテンツは以下のソーシャルメディアチャンネルからもご覧いただけます。
ウェブサイト: (リンク »)
Facebook:www.facebook.com/RedBullRacingEsports
Instagram:@redbullracingesports
Twitter:@redbullracingES
YouTube: www.youtube.com/redbullracing

HyperXについて
HyperXでは18年間にわたり、あらゆるタイプのゲーマー向けのゲーミングソリューションを開発するというミッションを掲げてきました。当社は、抜群の快適さ、見た目、性能、信頼性を備えた製品を提供する会社として一貫して高い評価を得ています。「WE’RE ALL GAMERS」というスローガンのもと開発されたHyperXのゲーミングヘッドセット、キーボード、マウス、USBマイクロフォン、コンソールアクセサリーは、一般ゲーマーだけでなく、世界中の著名なアンバサダー、プロゲーマー、テクノロジー愛好家、オーバークロッカーに選ばれています。HyperXの製品は、最も厳しい製品仕様を満たし、最高クラスのコンポーネントで製造されています。

YouTube: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

KingstonおよびKingstonのロゴ、HyperXはKingston Technology Corporationの登録商標です。権利はすべて留保されています。その他の商標はすべてそれぞれの権利所有者に帰属します。






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]