編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

サイバープロテクションで世界を牽引するアクロニスが25億ドルの評価を受けて2.5億ドルを調達

アクロニス・ジャパン株式会社

From: DreamNews

2021-05-06 12:30

調達した資金により、成長を加速させ、サイバープロテクション製品のポートフォリオ拡大し、サービスプロバイダーが顧客へより良いサービスを提供できるようにしていきます

※本リリースは2021年5月4日にスイスのシャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

サイバープロテクション分野におけるグローバルリーダーであるアクロニスは、CVCキャピタル・パートナーズVIIを含む複数の投資家から2億5,000 万ドル以上の資金提供を受けたことを発表しました。アクロニスは調達した資金を使用して、ネイティブ統合されたサイバープロテクション製品のユニークなポートフォリオを拡大し、さらに成長を加速させていきます。また、資金の大部分は、アクロニスの市場開拓の取り組みに活用していきます。これは同社の幅広いパートナー、特にマネージドサービスプロバイダー(MSP)のネットワークを拡大し、その顧客が抱えるサイバープロテクションに対するニーズを満たせるように支援することで実現します。この投資では、アクロニスの価値は25億ドル超と評価されました。

CVCキャピタル・パートナーズでシニアマネージングディレクターを務めるレーフ・リンドバック(Leif Lindbäck)氏は、次のように述べています。「アクロニスの有能な経営陣とR&Dチームは、革新的なクラウドネイティブの『MSP向け完全』ソリューションの開発に多大なリソースを注ぎ込んできました。このソリューションには、バックアップとディザスタリカバリ、サイバーセキュリティ、リモート管理、ワークフローツールが統合されて備わっています。アクロニスは、1万社を超えるMSPと50万社もの中堅中小企業にミッションクリティカルなソリューションを提供しています。CVCはサイバーセキュリティ分野で優れた成績を上げており、成功した起業家との提携にも実績があります。セルゲイ・ベロウゾフ(Serguei Beloussov)氏、そして同社チームと協力し、アクロニスの成長を加速させていくことを楽しみにしています」

Acronis Cyber Protectはネイティブ統合された、最初の統合型サイバーセキュリティおよびデータ保護ソリューションです。サービスプロバイダーは1つの画面でこれらの重要な機能を管理することができ、包括的なサイバープロテクションをより低コストで提供できます。
アクロニスの創業者兼CEOであるセルゲイ“SB”ベロウゾフ(Serguei “SB” Beloussov)は次のように述べています。「私たちの目標は、市場をリードするテクノロジーを開発し、パートナーが利益を拡大できるよう支援すると同時に、彼らの顧客に最高の保護を提供することです。」

アクロニスは今後も従業員の新規採用に対し投資を続けていきます。グローバルセールス、パートナーアカウントマネジメント、パートナーサクセスチームを拡大し、ブルガリア、イスラエル、シンガポール、スイス、米国の研究開発センターで技術分野の人材を新たに雇用する予定です。

販売パートナーへのフォーカス
拡大し続けるパートナーネットワークに力を注ぐことは、急速な成長に向けた企業戦略にとって不可欠です。今年2月、アクロニスはクラウドサービスに注力するリセラーとサービスプロバイダーの成長を支援するため、#CyberFitパートナープログラムを立ち上げました。3月にはAcronis Cyber Protect Cloudの新しいバージョンの提供を開始しました。これによりパートナー企業は、初期費用をほとんど、または全くかけずに、すべてのワークロードに対して包括的なサイバープロテクションを提供できるようになりました。さらに、4月には、アクロニスは新しいパートナーポータルを導入し、パートナー向けのコンテンツやツール、トレーニングが簡単に利用できるようにしました。

この新しい資金提供により、アクロニスはクラウドパートナーへのサポートを拡充します。販売とマーケティングに関する追加リソースや、より迅速かつローカライズされたテクニカルサポート、専任のパートナーサクセスマネージャー、そして世界各地の111か所に開設したデータセンターを提供していく予定です。

IDCでサイバープロテクションに関するクラウドデータマネジメント分野のリサーチディレクターを務めるフィル・グッドウィン(Phil Goodwin)氏は、CVCからの投資はサイバープロテクションを後押しする新たな契機になるだろうと話しています。「アクロニスはサイバープロテクションに対する活動において最前線に居続けており、革新的なデータ保護と高度なサイバーセキュリティを兼ね備えたソリューションのパイオニアとしての地位を確立しています。技術力とパートナーネットワークを今後も拡大していくことで、同社が市場にもたらす価値は上がり続けるでしょう」

アクロニスのパートナーに焦点を当てたアプローチにより、どのように利益を得ることができるかについて詳しく知りたいサービスプロバイダーは、< (リンク ») >にアクセスすることをお勧めします。

アクロニスについて
アクロニスは、データ保護とサイバーセキュリティが一体となった統合型の自動サイバープロテクションにより、安全性、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)に関連する現代のデジタル社会の課題を解決します。サービスプロバイダーとIT専門家の要求に応える柔軟なデプロイメントモデルと、次世代型の画期的なアンチウイルス、バックアップ、ディザスタリカバリ、エンドポイント保護管理ソリューションによって、データ、アプリケーション、システムに対して上質のサイバープロテクションを提供します。受賞歴のあるAIベースのアンチマルウェアテクノロジーとブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーにより、クラウドからハイブリッド、さらにはオンプレミスまで、あらゆる環境を予測可能かつ低いコストで保護します。

2003年にシンガポールで設立され、2008年にスイスで法人化されたアクロニスは、現在18か国の33の拠点で1,500人を超える従業員を抱えています。アクロニスのソリューションは、550万人以上のホームユーザーと50万社以上の企業の信頼を得ており、この企業にはFortune 1000選出企業のすべてと一流プロスポーツチームが含まれています。アクロニスの製品は150か国以上の5万社のパートナーおよびサービスプロバイダー経由で提供され、40以上の言語でご利用いただけます。

CVCキャピタル・パートナーについて
CVCはヨーロッパ、アジア、米国に23のオフィスを持ち、およそ1,180 億米ドルの資産を運用している、大手プライベートエクイティおよび投資顧問会社です。1981年の設立以来、CVCはそのプライベートエクイティおよび未クレジット戦略全体で、世界をリードする機関投資家から1600億米ドルを超える資金を集めています。CVCが管理または助言をしているファンドは世界中の90余りの企業に投資され、その年間売上高はおよそ1000億ドルにおよび、従業員数は45万人を超えています。CVCの詳細につきましては、< www.cvc.com >をご覧ください。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]