編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

HyperX、Riot Gamesの「VALORANT Champions Tour」のグローバル設立パートナーに

Kingston Technology Company

From: DreamNews

2021-05-13 11:00



HyperX、ゲーミングキーボード、マウス、マウスパッドのオフィシャルサプライヤーとしてRiot Gamesと複数年契約を締結

台湾・台北市、2021年5月13日 - 業界をリードするゲーミング周辺機器ブランドであるHyperX( (リンク ») )は本日、Riot Gamesの「VALORANT Champions Tour」の設立パートナーとなることを発表しました。HyperXは、ゲーミングキーボード、マウス、マウスパッドのオフィシャルサプライヤー契約を結びます。

「VCTに新たなパートナーをお迎えすることを嬉しく思います。HyperXはVALORANT Champions Tourのキーボード、マウス、マウスパッドのオフィシャルパートナーとして私たちのチームに加わります。」Riot Gamesのグローバルeスポーツパートナーシップおよび事業開発部長、Naz Aletaha氏はこのように語ります。「これほど光栄なことはありません。HyperXの素晴らしい製品は、レイキャビクでのVCTのほか、さまざまなイベントで当社を支えてくれるでしょう。」

VALORANTは2020年に目覚ましい成長を遂げたeスポーツです。戦いの舞台を整えるため、Riot Gamesは「VALORANT Champions Tour」を立ち上げました。チャレンジャー、マスター、チャンピオンの3つのレベルを設定した、1年かけて開催される世界的な公式大会です。参戦チームは地域ごとのチャレンジャーイベントで競い合い、勝ち残ったチームが国際マスターイベントに出場します。最終的には、チャンピオンで優勝することを目指します。2週間のトーナメントマッチを経て、1チームがVALORANT Global Championの栄冠を獲得することになります。シーズンごとに、北米、南米、欧州、アジア、オーストラリア各地を巡るツアー大会が予定されています。

「Riot GamesのVALORANT Champions Tourとのパートナーシップにはとても期待しています。」HyperXはこのように述べています。「この2年間で、VALORANTは巨大なコミュニティに成長し、今や国際的なeスポーツ大会を開催するまでに進化しました。HyperXは10年以上にわたり、プロのeスポーツチームやeスポーツ大会とスポンサー契約を結んできました。当社の経験と知識は、AlloyゲーミングキーボードやPulsefireゲーミングマウスなど、高い評価を得ているゲーミング周辺機器のラインナップの開発に組み込まれています。この伝統を継承し、すべてのプレイヤーがHyperX製品を使用して素晴らしいプレイを見せてくれることを楽しみにしています。」

HyperXについて
HyperXでは18年間にわたり、あらゆるタイプのゲーマー向けのゲーミングソリューションを開発するというミッションを掲げてきました。当社は、抜群の快適さ、見た目、性能、信頼性を備えた製品を提供する会社として一貫して高い評価を得ています。「WE’RE ALL GAMERS」というスローガンのもと開発されたHyperXのゲーミングヘッドセット、キーボード、マウス、USBマイクロフォン、コンソールアクセサリーは、一般ゲーマーだけでなく、世界中の著名なアンバサダー、プロゲーマー、テクノロジー愛好家、オーバークロッカーに選ばれています。HyperXの製品は、最も厳しい製品仕様を満たし、最高クラスのコンポーネントで製造されています。
YouTube: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

Riot Gamesについて

Riot Gamesは、世界有数のプレイヤー重視のゲームを開発、公開、サポートするために2006年に創立された企業です。2009年に発表されたデビュー作「League of Legends」は、世界中で絶賛されました。「League of Legends」は世界で最もプレイされたPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長を引き起こした起爆剤となりました。

発表から10年以上が経っても、このゲームは進化し続けています。Riotは、VALORANT、Legends of Runeterra、Teamfight Tactics、League of Legends: Wild Riftなどの新しい経験をプレイヤーに提供し、いくつものゲームタイトルの開発を続けると同時に、Runeterraの世界を音楽やコミック、TVなど複数のメディアでも展開しています。Brandon BeckとMarc Merrillが創業したRiotは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界各国の20を超えるオフィスで2,500名以上の社員が働いています。


Kingston、Kingstonロゴ、HyperXおよびHyperXロゴは、米国および/またはその他の国のKingston Technology Corporationの登録商標または商標です。すべての登録商標はそれぞれの所有者のものです。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]