編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング、tketプラットフォームのStrangeworksエコシステムへの統合を発表

Strangeworks Quantum Syndicateへの参加を通じ、量子コンピューティングの「民主化」を加速

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング・ジャパン株式会社

2021-05-14 13:00

CQC、英国ケンブリッジ市 2021年5月4日発表 – ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング(Cambridge Quantum Computing、以下CQC、CEO:イリアス・カーン) は、 Strangeworks社が、CQCの主力量子ソフトウェアプラットフォーム– tket –をStrangeworks Quantum Computingのエコシステムに統合することを発表しました。Strangeworks社はテキサス州オースティンを拠点とし、量子コンピューティングの一般利用の促進に取り組んでいる企業です。

tket(「ティケット」と発音)は、Strangeworks 社のQCTM(量子コンピューティング)およびEQTM(エンタープライズ量子)のエコシステムの主要コンポーネントになります。 インフラレベルで統合することにより、 Strangeworks社のユーザーは、様々な装置や言語でのエンタープライズレベルのサポートを受けられます。また、ノイズあり中規模量子(Noisy-Intermediate Scale Quantum computer、NISQ)デバイス時代の装置から最大限の価値を引き出すために、ラピッドなプロトタイピングとベンチマーキングを備えたSDKの能力が提供されます。
tketは、世界トップレベルの企業や機関で使用されています。tketの設計は量子アルゴリズムのパフォーマンスを最大限に高め、化学や機械学習、最適化などの多岐に渡る業界において、量子コンピューティングアプリケーションの開発に貢献することを目的としています。

Strangeworks社の創設者でCEOのwhurley氏は、次のように述べています。「tketの高性能な機能とエンタープライズレベルのサポートは、量子コンピューティングエコシステムに最適であり、量子コンピューティングを民主化するという私たちの使命をツールの提供により後押しするものです。そのツールを用いて、開発者や研究者、ITシステム管理者は、量子技術を利用したプロダクション・ワークフローを簡素化することが可能です。」彼は続けて、「CQCがQuantum Syndicateに、tketがStrangeworks社のエコシステムに加わることは、私たちが政府および企業向けの主力の量子サービスプロバイダーであることを更に裏付けるものとなります。」と述べました。
Strangeworks QSTM (Quantum Syndicate ) - Strangeworks QS( (リンク ») )は、ハードウェア、ソフトウェア、教育、およびクラウドサービスプロバイダーのコラボレーションとして、すべての業界の新しい量子技術の実装とテストを開発することで、量子物理学者、データサイエンティスト、教育者、企業開発者が、現行のハードウェアプラットフォームの実行、検証、ベンチマークを行うことを支援します。
CQCのCEOであるイリアス・カーンは、次のように述べています。「CQCがStrangeworks Quantum Syndicateに参加出来ることを、とても嬉しく思っています。また、tketがStrangeworks の量子コンピューティングエコシステムに統合されることに感激しています。」彼は続けて、「量子コンピューティングの利用を広げ、量子コンピューティングが世界を変える可能性を解き放つまでの私たちの旅路において、この度の統合は重要な節目を示しています。」と述べました。

Strangeworks社について
テキサス州オースティンに本社を置くStrangeworks社は、次々に事業を立ち上げてきた経験豊富な起業家や、企業向けソフトウェア開発者、および量子物理学者が集まってできており、誰もが量子コンピューティングを簡単に利用できることを目指しています。 Strangeworks社は、複雑でわかりにくい量子コンピューティング分野で指導的役割を務め、様々な団体や、大学、企業においてこの新しいテクノロジーの統合が加速するように支援しています。

Strangeworks社は、量子世界の学びにおける旅へのスピードアップを支援しています。詳細は、 (リンク ») にアクセスしてください。また、 (リンク ») では、StrangeworksQCTMについて詳しい内容が無料でご覧いただけます。


以上

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティングについて
ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング(CQC)は、世界をリードする量子コンピューティング・ソフトウエア企業です。ケンブリッジ(英国)、サンフランシスコ、ロンドン、東京のオフィスに、60人の博士号保有者を含む80人を超える科学者を擁し、世界中に大きな影響を与える量子技術の商業化ツールを構築しています。

CQCは、量子ソフトウエアにおいて、とりわけ量子開発プラットフォーム(t|ket⟩TM)、量子化学分野のエンタープライズ・アプリケーション(EUMEN)、量子機械学習(QML)、量子自然言語処理(QNLP)及び量子サイバー・セキュリティー・デバイス(IronBridge TM)などを提供する専門知識を有しています。
ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング・ジャパン株式会社は、その日本法人です。
ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティングの詳細については、www.cambridgequantum.com を参照ください。
t|ket⟩ TMの詳細については、 (リンク ») をご覧ください。



□ 本件に関するお問い合わせ
ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング・ジャパン株式会社 広報事務局
(共同PR株式会社)
担当: 小野寺・伊藤・石谷
TEL: 03-3571-5275
E-mail:  cqc-pr@kyodo-pr.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]