編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

電通、電通デジタル、「Amazon Marketing Cloud」を活用した分析ソリューションを提供開始

株式会社電通

From: 共同通信PRワイヤー

2021-05-18 13:15

Amazon広告においてより高度な戦略立案が可能に

2021年5月18日
株式会社 電 通

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博)、株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:川上 宗一)は、Amazonが提供するユーザープライバシーの保護と広告主のマーケティングニーズを両立させることができるクラウド環境のデータ分析ツール「Amazon Marketing Cloud(以下「AMC」)」を活用した分析ソリューションを、本日より提供開始します。

 これまでにAmazonでビジネスを行う多くの広告主が持続的な売上の成長、投資対効果の最大化を試みAmazon広告ソリューションを活用しています。デジタル広告業界全体として、最終的な接点のみを計測、評価する従来の運用戦略ではクロスチャネルでの全体評価が難しく、中長期的なビジネスの成長を見据えた広告投資の決定が課題となっていました。

 一方で、中長期的な売上指標でのPDCAを行うデータ分析ツールの実現においては、個人のプライバシー保護を前提としたシステム・運用体制が求められており、広告主のマーケティングニーズとプライバシー保護を両立させるべく、電通と電通デジタルはAMCのベータ版に参加し、国内でいち早く開発、研究を重ね実用化に至りました。

 この度、実用化に至ったAMCは、Amazonの広告メニュー※1の配信データセットが格納されたData Clean Room※2で、個々のイベントデータは閲覧できず、暗号化された状態で格納されています。本ソリューションではこのAMC上の匿名化されたデータセットを活用し発展的な広告の効果計測が可能となり、Amazon広告ソリューションを活用している広告主向けに、既存の広告運用のさらなる効率改善や発展的な戦略立案を提供します。

 具体的には、AMCを活用することで、通常の広告運用では効果計測が分断されている各広告ソリューションの配信ログをAMC内で集約、分析することができ、広告ソリューション間を横断した効果検証が可能になります。結果として、従来ではラストクリック、ラストインプレッションでのみ行っていた広告効果計測から、どの広告メニューが相互に影響して購買につながったかなどを分析することにより、認知から購買まで実効性のあるフルファネルでの広告戦略立案を実現します。また、配信ログから見出されたオーディエンスのコンバージョン指標を分析し、見込み顧客のインサイトの発掘、次の一手としてのターゲティングの計画に役立てられます。

 第一弾として、各広告ソリューションのクロスチャネルでの分析に基づいた広告アロケーション案、潜在オーディエンスのインサイト提示、新たなターゲティング立案を提供します。開発研究は継続して行っており、今後、発展的なソリューションも提供予定です。

 なお、AMCは既に電通グループにおいては国内のみならず、海外においても活用が進んでおり、国内外でワンストップに提供できるソリューションを検討しています。

 これまでも電通グループでは、数年に渡り、マーケットニーズとプライバシー保護を両立させるデータ基盤Data Clean Roomの開発をパートナー企業とともに行って参りました。
 今後も電通および電通デジタルは、Amazon Advertisingと連携し、広告運用のさらなる効率改善や高度な戦略立案を通し、広告主のマーケティング活動を支援してまいります。

※1 2021年3月現在、Amazon DSP、スポンサープロダクト広告に対応しています。
※2 Data Clean Room…生活者の許諾が明確に取れている範囲のプラットフォームのデータを分析するセキュアな環境。
※  Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。

以上

 
【事業に関する問い合わせ先】
株式会社電通 データ・テクノロジーセンター プラットフォーマーデータ部
 Email:data-alliance-unit@dentsu.co.jp mailto:data-alliance-unit@dentsu.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]