編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

「令和2年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業調査報告書」公開のお知らせ

EY Japan

From: 共同通信PRワイヤー

2021-05-18 13:53

EY税理士法人は、経済産業省(METI)の委託を受け、「令和2年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業調査報告書」(以下、「本調査報告書」)を作成し、本調査報告書がMETIのウェブサイト上で公開されましたのでお知らせいたします。本調査報告書については、下記サイトからご覧ください。

令和 (リンク ») の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(諸外国等における経済の電子化を踏まえた課税の動向等に係る調査研究事業)調査報告書 (リンク »)
令和 (リンク ») の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(諸外国等における経済の電子化を踏まえた課税の動向等に係る調査研究事業)調査報告書概要版 (リンク »)

本調査報告書は、大きく2つのパートから構成されております。前半はBEPS2.0 (経済のデジタル化に伴う税制上の課題)に関する、OECD、EU、米国、英国、ドイツ、フランス及びカナダにおける議論の状況と直近で出された報告書の概要について、そして後半は日本、米国、英国、ドイツ、フランス及びカナダにおける法人税制の比較について解説しています。

なお、2つのパートの詳細は、次の通りです。
前半に関して、BEPS2.0は国際的な課税権配分ルールの見直し(Pillar 1)と大規模多国籍企業に対する最低税率課税の導入(Pillar 2)から構成され、本年7月又は10月を目途に一定の国際合意が結ばれるものと想定されています。いずれも合意された場合には、現在の国際課税環境、日系多国籍企業の税務コンプライアンスに大きな影響を与えるものと考えられます。本調査報告書では、その設計図(ブループリント)の概要を解説しているほか、各国の議論の状況をまとめています。

後半に関して、本調査報告書では、5つの観点(課税標準、法人間二重課税への対応方法、国外源泉所得に係る源泉地国との二重課税の排除方法、タックスヘイブン対策税制及び研究開発税制)から各国税制の比較を行っています。これは、BEPS2.0が既存の各国税制の枠組みを踏まえて設計されていることや、今後の税制改正の基礎資料として各国制度比較が必要とされることを踏まえて実施しています。

EY Japan タックスポリシーリーダーの関谷浩一は、次のように述べています。
「BEPS2.0に係る新たな申告納税義務は、限定されたテクロノジー企業だけの問題ではありません。Pillar1は、米国の新たな提案により、すべての事業を対象とすることが議論されています。Pillar2は、国別報告事項(CbCR)を提出するすべての企業への適用が議論されています。BEPS2.0は日本の多国籍企業の税務コンプライアンスに大きな影響を与えます。現在までも、CbCRの導入やタックス・ヘイブン対策税制(J-CFC)の改正により、税務に関する情報収集の負担が高まっているところ、Pillar 1及びPillar 2の導入、その他の税制改正により、更なる負担の増加が想定されます。また、税負担額の観点からは、特にPillar2の最低税率次第(米国提案では21%)では、大幅な増税となる可能性があります。
EYでは、引き続きBEPS2.0に係る最新の情報を収集し、日本企業への影響を分析していきます。また、これらの知見を基礎として、各企業における影響分析、テクノロジーを用いたコンプライアンス体制の構築等のアドバイスを行っており、すでに多くのお客様よりお問合せをいただいております」

EY Japanのウェブサイト:
(リンク »)  

〈EYについて〉
EY | Building a better working world
EYは、「Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)」をパーパスとしています。クライアント、人々、そして社会のために長期的価値を創出し、資本市場における信頼の構築に貢献します。
150カ国以上に展開するEYのチームは、データとテクノロジーの実現により信頼を提供し、クライアントの成長、変革および事業を支援します。
アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクションの全サービスを通して、世界が直面する複雑な問題に対し優れた課題提起(better question)をすることで、新たな解決策を導きます。

EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。EYのメンバーファームは、現地の法令により禁止されている場合、法務サービスを提供することはありません。EYについて詳しくは、ey.comをご覧ください。

〈EY税理士法人について〉
EY税理士法人は、EYメンバーファームです。税務コンプライアンス、クロスボーダー取引、M&A、組織再編や移転価格などにおける豊富な実績を持つ税務の専門家集団です。グローバルネットワークを駆使して、各国税務機関や規則改正の最新動向を把握し、変化する企業のビジネスニーズに合わせて税務の最適化と税務リスクの低減を支援することで、より良い社会の構築に貢献します。詳しくは、ey.com/ja_jp/people/ey-taxをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]