編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

暑熱環境下における体調不良の予兆を検知するサービス 2021年7月に販売開始

シャツ型センサーで体内温度変動を推定する新技術搭載

NTTテクノクロス株式会社

2021-06-15 11:30

NTTテクノクロス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:串間和彦 以下、NTTテクノクロス)は、シャツ型センサーで暑熱環境下における体調不良の予兆を検知する「hitoe®暑さ対策サービス for Cloud(以下、本サービス)」に、体内温度*1変動を推定できる新技術を搭載し、2021年7月1日から販売します。本サービスは、2021年6月23日~25日に東京ビッグサイト青海展示棟で開催される「第7回 猛暑対策展」*2で展示予定です。
■背景
 昨今、夏場は猛暑が続くほか、新型コロナウイルス感染対策としてのマスク着用などが熱中症の発生リスクを高めています。また夏場以外でも、工場や室内など屋内でも暑さによる体調不良の危険性があり、暑さ対策は重要になっています。
 NTTテクノクロスと東レ株式会社(以下、東レ)と株式会社ゴールドウイン(以下、ゴールドウイン)は、機能性素材「hitoe®」*3を活用し、暑熱環境下で作業や運動をする人の安全安心をめざす「暑さ対策プロジェクト」に取り組んできました。昨年7月には3社で、「hitoe®」を活用したシャツ型センサーとスマートフォンの専用アプリケーションで着用者の心拍数などと共に衣服内の温度と湿度を計測し、体調不良の予兆を検知する本サービスを発表しました。
 今回、NTTデバイスイノベーションセンタ(以下、NTT研究所)などの新技術により、新たに着用者の体内温度変動を推定できる機能を追加し、さらに高度な暑さ対策を可能にしました。

■「hitoe®暑さ対策サービス for Cloud」
 本サービスは、NTTテクノクロスが提供する小型センサー「TX02(ティーエックス ゼロツー)」と専用アプリケーション、東レ・ゴールドウインが提供する「hitoe®」を活用した専用ウエアをセットで利用します。「TX02」と専用ウエアを組み合わせたシャツ型センサーから暑さに関わるデータを収集し、着用者の体調不良の予兆を検知します。そして、スマートフォンの専用アプリケーションでシャツ型センサーの着用者に休憩を促し、体調不良のリスクに備えさせることが可能です。

■新サービスの特長
(1)温熱生理学に基づき体内温度変動を推定
 NTT研究所などの独自技術である心拍数、衣服内温度・湿度から体内温度変動を推定するロジック*4を専用アプリケーションに搭載しました。シャツ型センサー着用者の体内温度変動を個人の周辺環境や衣服、活動状態を考慮しながら高精度に推定します。これにより、運動や作業の負荷による普段は気づきにくい体内温度の上昇を、活動を中断することなくシャツ型センサーを着用するのみで検知できます。また、専用アプリケーションから休憩目安などがアラート*5されることで、早い段階で体調不良のリスクに備えることができます。

(2)体調不良の予兆を遠隔からモニターで一括管理
 シャツ型センサー着用者の体内温度変動や休憩目安時間などを遠隔のモニターから一目で分かるように可視化します。データはクラウド上でリアルタイムに管理され、最大約150人まで対応可能です。これにより管理者は着用者の状況を遠隔から確認でき、見回りに要する時間の削減や危険が発生した場合の迅速な対応が可能になります。

■価格
 提供形態やライセンス数により価格が異なるため、詳細はお問い合わせください。

■各社の役割
 NTTテクノクロス:「TX02」と専用アプリケーションの開発・提供 (リンク »)

東レ:専用ウエア(シャツ型とベルト型)の開発・提供 (リンク »)

ゴールドウイン:専用ウエア(ノースリーブ型)の開発・提供 (リンク »)

用語解説

*1:体内温度
 頭や体幹の内部の温度。医学用語では核心温や深部温度と言われますが、本技術は医療機器・医療用プログラムではないため、体内温度という独自用語を用います。

*2:第7回 猛暑対策展
日本能率協会が主催です。( (リンク ») )

*3:hitoe®
体から発している微弱な電気信号である生体信号を、無意識に近い状態で収集するための機能素材です。(本サービスで使用する「hitoe®」は医療機器ではありません。)

*4:体内温度変動を推定するロジック
 日本電信電話株式会社と国立大学法人名古屋工業大学が共同研究で開発しました。人の体温調節機能、服装、活動といった要素を考慮した電磁界解析技術と熱解析技術を融合した国立大学法人名古屋工業大学独自のプログラムを応用しています。

*5:アラート
 温熱・運動生理学的理論に基づいて、日本電信電話株式会社・国立大学法人横浜国立大学・至学館大学・国立大学法人名古屋工業大学の共同実験により、体内温度変動などを用いたアラート発出基準が作成されました。

* 「hitoe®」は東レ株式会社と日本電信電話株式会社の登録商標です。
* 本サービスで使用する「hitoe®」は医療機器ではありません。
* 記載されている商品名・会社名などの固有名詞は一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]