編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

中小製造業様のDX化を推進する新製品 連携型検査・工程実績収集システム『Ez-Collect(イージー・コレクト)』発売!

株式会社テクノア

From: DreamNews

2021-06-14 10:30

株式会社テクノア(本社:岐阜県岐阜市、社長:山﨑 耕治)は、2021年5月25日に、
連携型検査・工程実績収集システム『Ez-Collect(イージー・コレクト)』の発売を開始しました。



『Ez-Collect』は、中小製造業様のDX(デジタルトランスフォーメーション)化(※1)を推進する、連携型検査・工程実績収集システムです。今まで、知識や人手の不足から、システム導入を行えなかった中小製造業様にも導入いただけるよう開発しました。

『Ez-Collect』は、手書きやExcelで管理していた製造現場の生産計画情報と、作業実績や検査成績などの実績情報をデータ化します。それらの蓄積されたデータを調査・分析することで、問題の早期発見や課題解決への取り組みをサポートし、企業の業務改善、生産性向上に貢献します。それぞれの企業で必要な機能のみで運用を始められる点や、タッチパネル入力の採用等、中小製造業様でも導入しやすくなっています。また、「連携型」という名の通り、各種外部システムと連携可能です。システム連携でデータ化できる業務範囲が広がれば、DX推進に繋がります。

テクノアは、導入実績4000社超の生産管理システム『TECHS(テックス)シリーズ』の提供などを通じて“日本のモノづくりの根幹を支える“中小製造業様が抱える様々な課題を解決してきました。
『Ez-Collect』の提供を通じて、中小製造業様のDX化をさらに推進し、日本の産業界の発展に貢献します。

※1 DX化:企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること (経済産業省 ガイドラインより)

■ 開発背景

日本の中小製造業様が抱える「生産性向上」「人手不足」等の課題を解決するために、「IT技術の活用」が提案されており、システム導入を支援する「IT導入補助金」などの施策が行われています。
しかしながら、中小製造業様においてはシステム導入による業務のIT化やDX推進をしたくても、知識や人手不足による現場への負担から導入が難しいと考える企業も少なくありません。
そこで、テクノアは、中小製造業様のDX推進には、導入の負担が少なく、簡単に使えてデータ活用ができるシステムが必要と考え『Ez-Collect』開発しました。
『Ez-Collect』は、シンプルな機能性と、簡単な操作性で、製造現場への導入負担が少ないシステムです。登録したデータは、生産性向上、品質向上に向けたデータ分析に活用いただけます。

■ 主な特長

1. 製造現場で必要な業務に機能を絞った、スモールスタートできる仕様
『Ez-Collect』は、製造現場で必要な生産計画情報から出荷前検査の情報まで登録できます。なお、すべてのデータを登録する必要はありません。まずは検査実績の登録から等、必要な機能のみでスモールスタートし、その後運用範囲を広げる使い方も可能です。



2. タッチパネル入力、Excelデータ出力により作業者の負担を軽減
現場作業者が使用する「作業実績入力」「検査実績入力」は、タッチパネル入力を採用しました。各入力画面の登録内容をマスタ化すれば、項目選択と数字入力のみで結果登録が可能です。それにより、作業者の入力操作にかかる負担は軽減でき、データ内容のばらつきもなくせます。
また、蓄積したデータをExcelファイルに出力する機能(標準機能)を使い、検査実績データを検査成績報告書として出力するなど、用途に応じてデータをご利用いただけます。手書きデータをExcelに転記する手間や、紙の書類を管理する手間がなくなり、事務工数の削減に貢献します。



3. システム連携によるデータ活用で生産性向上
『Ez-Collect』は、テクノア製の生産スケジューラ『Seiryu(セイリュウ)』や、生産管理システム『TECHSシリーズ』等はじめ外部システムと連携可能です。『Seiryu』に登録した生産計画情報と、『Ez-Collect』で収集した実績情報を比較すれば、生産計画に対する予実対比が行えます。対比したデータを分析し課題発見に繋げることで、生産性向上に貢献します。



■ 導入効果
1. 確認・分析作業で、問題点の発見、業務改善に貢献
手書きしていた作業日報を『Ez-Collect』に入力し、データ化することで、簡単に作業日報の確認が行えます。また、作業日報の分析が可能になり、問題点に気付きやすくなります。

2. 工程不良情報の共有で不良発生を防止
工程不良、検査不良の記載内容にばらつきがなくなり、不良理由が把握しやすくなります。また、過去データの参照と共有によって、同一品番で過去に発生したミスの再発防止に貢献します。

3. 登録したデータ出力・調査が簡単にでき、事務工数を削減
登録した検査実績データを使い、自社フォーマットの検査成績報告書を出力できます。また、登録データを『Ez-Collect』で検索すれば、書類探しや、過去の検査実績調査の事務工数を削減できます。

■ 概要
提供開始日 2021年5月25日
提供価格(税別) Ez-Collect 基本システム 60万円~
※ハードウェア、設定作業費等は含みません
初年度目標社数 50社

※『Ez-Collect』は「IT導入補助金2021」の対象ITツールです。

■ お問い合わせ窓口
株式会社テクノア 広報室
TEL 058-273-1445
FAX 058-273-9562
e-mail:technoa.pr@technoa.co.jp
製品HP: (リンク »)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]