編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「Meister Apps(TM) 現場作業見える化パッケージ」が「MotionBoard」と連携、現場作業の改善をBIダッシュボードで強力にサポート

ウイングアーク1st株式会社

From: DreamNews

2021-07-02 11:00

~東芝デジタルソリューションズとウイングアーク1stとの戦略提携ソリューションを提供開始~

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:島田 太郎、以下 東芝デジタルソリューションズ)とウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役 社長執行役員CEO:田中 潤、以下 ウイングアーク1st)は、東芝デジタルソリューションズのものづくりIoTソリューション「Meister AppsTM 現場作業見える化パッケージ」に、ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」を連携した作業分析支援テンプレート(以下、本テンプレート)を開発しました。本テンプレートを「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」の新たなサービスとして、東芝デジタルソリューションズが本日から提供を開始します。

 東芝デジタルソリューションズとウイングアーク1stは、昨年11月の資本・業務提携の発表注1以降、従来から取り組んでいるデジタルソリューションビジネスでの連携に加え、ファクトリー領域や人材ソリューション領域等での新たなサービスの創出に向けた活動を進めてまいりました。今回提供を開始するのは、その戦略提携から生まれたソリューションの第1弾です。

 「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」は、作業員が携帯・装着するリストバンド型生体センサー、ビーコン、スマートフォンなどのデバイス類から、作業エリアの位置や、手作業や移動などの動作、作業員同士の発話など、人の動きや状態の情報を収集・蓄積・見える化することでデータの活用や分析を促進するソリューションです。
2020年6月の発売以降、既に多くの現場でご利用いただいていますが、お客さま自身でより簡単に多角的な分析をしたいとのニーズがありました。

 「MotionBoard」は、製造現場のさまざまなデータを価値ある情報に変えて、直感的な操作性でリアルタイムに状況を把握でき、IoT活用にも対応可能なダッシュボードです。製造業はもとより多種多様な業界、業種にわたり2,000社以上の豊富な導入実績があり、お客さまの課題解決に貢献できるソリューションです。
 「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」を「MotionBoard」と連携することにより、作業員の位置・動作・発話などのさまざまな情報を多面的に分析できるようになり、現場の非効率作業や改善ポイントをより早く把握し、対策を打つことが可能になります。また、「MotionBoard」のクラウド版を活用することで、海外を含めた複数の作業現場のデータを容易に収集でき、複数現場の比較や分析が行えるようになります。

〈「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」と「MotionBoard」連携の特長〉
1.多種多様なビジュアライズで作業分析を強化
作業分析を支援する画面テンプレートを提供します。また現場の改善活動に合わせたカスタマイズを実施した上での利用も可能です。「MotionBoard」の豊富な画面部品を利用して画面を構成することで、多面的なデータ分析ができ、分析に要する工数を大幅に削減することができます。

2.気づきを与え改善に向けた対策が打てるアラート通知・レポート出力
画面上には最新のデータが常時表示され、アラート通知やレポート出力機能を活用することで、非効率作業や改善箇所を迅速に把握できるようになります。それにより、作業改善に向けた作業負荷の調整などマネジメントを支援します。

3.複数現場のデータをクラウドで収集し、さらなる改善へ貢献
複数現場の作業データをクラウドで収集・統合することで、工場全体の作業員のリソース調整や作業実績管理を効率化できます。また、現場間でデータを比較することで現場特有の課題を抽出できます。

〈イメージ動画(参照先URL: (リンク ») )〉



〈作業分析画面の例〉




「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」Motion Board連携機能は、オンプレ版、クラウド版ともにオプションサービスで提供し、「MotionBoard」の画面テンプレートとライセンスがバンドルされます。最小構成は作業員5名から利用できます。さらに複数の製造現場や建築現場、物流倉庫、大型商業施設など大規模なエリアへの導入も可能です。



〈「Meister AppsTM 現場作業見える化パッケージ」の概要〉

 今後も、東芝デジタルソリューションズとウイングアーク1stは、製造業にとどまらず両社の得意とする技術を生かして、新たな価値を提供するデジタルソリューションの創出を継続してまいります。


注1:
2020年11月17日 東芝デジタルソリューションズ発表 ニュースリリース
ウイングアーク1st株式会社と戦略提携契約を締結
~両社の提携により、新たなデータサービスを創出・デジタルソリューションを強化~
(リンク »)

2020年11月17日 ウイングアーク1st発表 ニュースリリース
東芝デジタルソリューションズ株式会社との資本・業務提携に関するお知らせ
(リンク »)

*Meister Appsは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。
*MotionBoardは、ウイングアーク1st株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。
*その他、本文章に記載されている社名および商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

*ニュースリリース/トピックスに掲載されている情報(サービスの内容/価格/仕様/関連リンク/お問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


■東芝デジタルソリューションズ 『Meister AppsTM 現場作業見える化パッケージ』
(リンク »)

■ウイングアーク1st 『MotionBoard』
(リンク »)



<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-0032 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.com


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]