編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

Digi International、LoRaWAN接続用のEnterprise-Caliberターンキースターターキットを発表

Haxiot社買収で得た技術をベースに、拡張性、柔軟性、安全性に優れたエンド・ツー・エンドのLoRaWANスターターキットを提供し、IoTフットプリントを拡大

ディジ インターナショナル株式会社

2021-07-15 16:30

IoT(Internet of Things)コネクティビティ製品・サービスプロバイダであるDigi International社 (本社・米国、NASDAQ:DGII)はこのほど、完全なLoRaWANデバイス・ツー・クラウドソリューションを提供するエンタープライズスターターキットを発表し、LPWA (Low Power Wide Area) 市場への進出・拡大を示しました。

ターンキースターターキットは、時間、資本、リソースを節約する、スケーラブルなデバイス・ツー・クラウドのオンボーディング体験を提供します。Digiのソリューションは、企業がDX (デジタルトランスフォーメーション) のニーズを満たすため、市場投入までの時間を短縮し、統合コストや複雑さを最小限に抑えます。新しいソリューションは、デバイス・ツー・クラウドのLoRaWANベースのソリューションのリーダーであるHaxiot社を最近買収した際のテクノロジーをベースにしています。

「Haxiotのテクノロジーを使用したLPWAの専門知識でIoT製品を拡大することによりカスタマにより多くの価値をもたらすことを誇りに思います。当社のデバイス・ツー・クラウドのLoRaWANスターターキットは、幅広い組織、特にPOC(概念実証)から大規模なIoTを加速するためのシームレスな移行を求めている組織に最適です」と、Digi InternationalのOEM ソリューショングループ ゼネラルマネージャであるスティーヴ・エリクソンは話しています。

「私たちはDigiと協力して、この新しいシングルベンダーのLoRaWANスターターキットに組み込まれた最新のLoRa技術を提供しています。LoRaの生みの親として、このキットがさまざまな業界やユースケースにまたがるIoTカスタマに提供する価値、すなわちセルラーやWi-Fi/BLEベースのネットワークが効果的でない多様な産業に簡単に導入できると考えています」と、Semtech社のワイヤレス&センシング製品グループのIoTアプリケーション&ストラテジー担当副社長のマーク・ペグル氏は話しています。

製品の特徴は、 (リンク ») をご覧ください。このキットは、北米では直ちに、またEMEAでは2021年第3四半期に利用できる予定です。

このプレスリリースの付帯情報

Digi LoRaWAN starter kit

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]