編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ハイビーム、世界初AMD Ryzen7搭載ゲーミングポータブルPC「AYA NEO Pro 2021」をAmazonにて本日より発売

株式会社ハイビーム

From: valuepress

2021-11-12 17:00

株式会社ハイビーム(所在地:東京都千代田区)は、深センANA NEO社が開発した世界初めてAMD Ryzen7搭載ゲーミングポータブルPC「AYA NEO Pro 2021」を11月12日より順次発売します。Amazon.co.jpにて本日より販売開始し、世界初のUM(Ultra-Mobile)PC専門店「ハイビーム秋葉原本店」では、11月13日より実機展示・販売も行います。DARK STARを先行して販売し、他2色は11月下旬に発売予定です。

ハイビーム、世界初AMD Ryzen7搭載ゲーミングポータブルPC  
「AYA NEO Pro 2021」をAmazonにて本日より発売  
~「ハイビーム秋葉原本店」にて11月13日より実機展示~

[資料: (リンク ») ]

 株式会社ハイビーム(所在地:東京都千代田区)は、深センANA NEO社が開発した世界初めて(注1)AMD Ryzen7搭載ゲーミングポータブルPC「AYA NEO Pro 2021」を11月12日より順次発売します。
 Amazon.co.jpにて本日より販売開始し、世界初のUM(Ultra-Mobile)PC専門店「ハイビーム秋葉原本店」では、11月13日より実機展示・販売も行います。DARK STARを先行して販売し、他2色は11月下旬に発売予定です。

■価格・主な仕様等


[資料: (リンク ») ]

■ハイビーム秋葉原本店の概要 
住所  :東京都千代田区外神田5-5-11 金谷ビル1F 
営業時間  :平日16時~19時、土日祝 11時~18時30分 
定休日  :月・火曜 ※不定期休暇の場合にはHPでお知らせ 
公式サイト : (リンク »)
公式Twitter : (リンク »)

■Amazon販売ページ
(リンク »)
 
■主な特長
1.ゲーム市場に適したRadeonグラフィックス内蔵のポータブルゲーミングPC
 CPUには、最大ターボブースト4.2Ghzの8コアを搭載したAMD Ryzen7を世界で初めて採用。GPUには、ゲーム業界の事実上の標準にもなっているAMD Radeonを搭載。これらにより、AAAタイトル(大作)のゲームを快適にプレイ可能です。Radeonグラフィックスのドライバー機能により、画質をほとんど犠牲にすることなく、AAAタイトルでFPS(注2)値を5〜10程増加させることもできるため、シューティングゲームなどFPS値が重要なタイトルでもより快適な環境を提供できます。
 また、メモリは16GBのLPDDR4x4266とストレージは、最大1TBのNVMe SSDを搭載。高速での読み書きが可能なため、スムーズにゲームをプレイ可能です。
 各AAAタイトルのFPSなどゲームパフォーマンスは以下をご覧ください。
(リンク »)


2.金型から見直した新設計。真のゲーマーのためのポータブルゲーミングデバイス
 一体化しているゲームコントローラーは人間工学に基づき、本体は側面が広くしっかりとしたグリップを実現し、十字キーやジョイスティックなどは操作性を考慮して設計されています。LRボタンには、クリック感が短く、高反発なAPLPSマイクロスイッチを使用。
 また、本体には、6軸ジャイロスコープ/加速度計が内蔵されており、シューティングゲーム時は、高精度の照準支援などが可能です。振動モーターも内蔵されており、衝突や振動、戦闘、その他のゲーム内の状況をリアルに再現します。

3.大容量バッテリー搭載により、どこでも長時間のプレイを実現 
 長さ255mm、幅106mm、厚さ22mmの小型筐体に4100mAhのリチウム電池を3つ搭載しています。これにより、低いTDP(注3)設定で最大6時間、消費電力が高いAAAゲームの場合でも最大140分プレイ可能です。また、急速充電も備えており、わずか90分でフル充電できます。これらにより、移動中の車内やカフェなどどこでもお気に入りのゲームを長時間プレイ可能です。

以上

(注1)11月12日現在。当社調べ。
(注2)Flames Per Second:1秒間に何枚の画像で動画構成されているかを表す単位。
(注3)Thermal Design Power:設計上想定される最大消費電力。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]