編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

総務省等後援「第15回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2021」において、ギークフィードの音声データ蓄積・活用DXサービス『YouWire』が総合グランプリを受賞しました。

株式会社ギークフィード

From: DreamNews

2021-11-19 16:30

データ活用系ASP・SaaS部門にて最も優秀なサービスへ授与される総合グランプリを受賞



株式会社ギークフィード(本社:東京都台東区 代表取締役:内 信史)が提供する、ビジネス音声蓄積、テキスト化、解析プラットフォーム「YouWire」が、2021年11月17日に発表された「一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会」(略称:ASPIC)主催の「第15回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2021」の『データ活用系ASP・SaaS部門』において、最も優秀なサービスへ授与される『総合グランプリ』を受賞しました。



ASPIC IoT・AI・クラウドアワードとは
ASPIC IoT・AI・クラウドアワードは、ASPIC主催で総務省や東京商工会議所等の後援のもと、日本国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービス等を審査し、総務大臣賞総務大臣賞、各部門総合グランプリ、他各賞の表彰を行っています。これにより事業者およびユーザー企業の事業拡大を支援し、クラウドサービスが社会情報基盤として発展・確立することの一助になることを目的としています。
詳細は「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021」の公式サイトをご参照ください。
ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021: (リンク »)

データ活用系ASP・SaaS部門総合グランプリ受賞サービス ビジネス音声蓄積プラットフォーム『YouWire』の特徴

音声録音データを活用した、VOC/トレンド分析や応対品質評価

携帯、対面会議、固定電話、web会議などあらゆるビジネスシーンでの会話を録音し、クラウド上に集めて一元管理が可能なビジネス音声蓄積・活用ボイスDXプラットフォームです。
音声はテキスト化され、テキストで会話の検索もでき、自然言語処理をへて、統計化しますので、顧客の声を分析し、トレンド分析、商品改良の声収集、従業員教育やコンプライアンスリスク検出に活用可能です。



活用画面イメージ
統計・可視化画面では、部署全体で発言されたワードをワードクラウドや、ランキングで表示され、例えば「手続き」をクリックすると、「手続き」と発言された会話だけに絞りこみ、発言ワードのドリルダウン表示が可能です。



今後の展開
現在の「YouWire」は
・様々なシーンでのビジネス音声を集めて一元管理
・音声のテキスト化
・テキストの分類と解析
といった機能を備えております。

今後は連携開発と開発パートナーシップを重点施策としており、ソリューションパートナーが音声解析後のデータを活用できるAPIのリリースを2022年に予定しております。
各業界、業種、職種に専門性と強みを持つ開発/販売パートナーと連携し、「音声ビッグデータ」を活用して業界、業種、職種ごとに特化した音声DXソリューションを提供していく構想です。

YouWireのAPIを活用して業種・職種特化のサービスを開発して頂けるパートナーとしてご興味ある会社様からのご応募、お問い合わせをお待ちしております。

本サービスに関するお問い合わせは、下記担当者までお願いいたします。

【本件のお問い合わせ】
<株式会社ギークフィード>
YouWire営業担当谷口(たにぐち)・吉田(よしだ)
E-mail:youwire@geekfeed.co.jp
お問い合わせフォーム: (リンク »)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]