編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Intel Ice Lake-SP Xeon搭載のGPUモデル3機種を販売開始

株式会社ジーデップ・アドバンス

2021-11-22 13:00

インテル(R) パートナー・アライアンス TITAN レベルであり、NVIDIA パートナー ネットワーク(NPN) エリートパートナーである株式会社ジーデップ・アドバンス(GDEP Advance,Inc. 本社:東京都港区、代表:飯野匡道)は、当社のGPU用AI ワークステーションやGPU AIサーバーに、第3世代 Intel(R) Xeon(R) Scalable Processor(コードネーム:Ice Lake-SP)を搭載した3機種をラインナップに追加し、本日11月22日(月)より販売開始しました。

■静音ワークステーション GWS-621A
GWS-621Aは、第3世代「Xeon Scalable Processor」を2基搭載したデスクサイトで利用可能なミニタワーワークステーションです。最大構成のCPUでは、1基あたり最大40コア(2CPUで80コア/160スレッド)と60MBのキャッシュを実現し、integer SPECrate2017_int_baseやFlotingPoint SPECrate2017_int_base、LINPACKなど、ベンチマークでは第2世代Xeon Scalable Processor比で約1.46倍の性能向上を実現しています。7スロットのPCI-Express X16 Gen4バスを装備しており、2スロット占有のハイエンドグラフィックカードも2枚搭載可能で、柔軟な構成変更と拡張性を実現できます。
サイドフローCPUファンや185mmの大口径排気ファンが抜群の静粛性を実現しており、Ice Lake Xeonの高性能と拡張性、そして静粛性を実現したモデルです。

製品URL: (リンク »)
価格(税込み・送料込み):
RTX搭載モデル 1,126,939円~、GeForce搭載モデル 990,539円~

■2Uラックマウント6GPUサーバー GSV-2U/6G-A100
GSV-2U/6G-A100は、当社が国内代理店をしているSuper Micro Computer, Inc.社製の「SuperServer SYS-220GP-TNR」をベースにしたGPUサーバーです。2Uサイズに最大6枚のGPUを実装可能で、CPUには第3世代Intel(R) Xeon(R) Scalable Processor(Ice Lake-SP)を2基搭載しています。AIアクセラレーションが組み込まれたIce Lake-SPは、AVX512に新しいSIMD命令を追加し、ソフトウェアやアルゴリズムの改善により前世代のCascade Lakeから1.5~8倍の性能向上を実現しており、インテル(R) ディープラーニング・ブースト(インテル(R) DL Boost)のアクセラレーション機能が組み込まれint8の利用が可能です。これらによりAI推論やディープ ラーニング プラットフォームなどの高性能システム向けのさまざまなワークロードを最適化いたします。
2Uサイズながら、CPUは最高性能のXeon Platinum 8380が2ソケットで80コア/160スレッド、ベースクロック2.3GHz、ターボで3.4GHzとなり、ボトムラインのXeon Silver 4310までの13タイプのラインナップを揃えています。GPUは最大で6枚(NVIDIA A100x4枚、A30・A10各1枚)までPCI-Express X16 Gen4バスを利用して搭載可能です。

製品URL: (リンク »)
価格(税込み・送料込み):
A100搭載モデル 2,598,079円~、A30搭載モデル 1,868,779円~

■縦置きもラックマウントも可能な4GPUサーバー GSV-4U/4G-A100
GSV-4U/4G-A100は、当社が国内代理店をしているSuper Micro Computer, Inc.社製の「SuperServer SYS-740GP-TNRT」をベースにした第3世代Intel(R) Xeon(R) Scalable Processor(Ice Lake-SP)搭載GPU AIサーバーです。CPUはトップビン最上位のXeon Platinum 8380が2ソケットで80コア/160スレッド、ベースクロック2.3GHz、ターボで3.4GHzとなり、ボトムラインのXeon Silver 4310までの13タイプのラインナップを揃えています。GPUは最大で4枚まで搭載可能で、当社では最新のNVIDIA(R) AmpereアーキテクチャGPUであるNVIDIA RTX Aシリーズ(NVIDIA A100 / RTX A6000/RTX A5000)と、コストパフォーマンスで人気のあるGeForce RTXを搭載したモデルを選択できます。
OSはUbuntu20.04のインストールが可能です。もちろんDeeplearing開発環境もインストール済みで、GPUベースのさまざまな科学的ハイ パフォーマンス コンピューティング(HPC)、AI トレーニング(学習)、推論、およびディープ ラーニング アプリケーション環境に卓越したヘテロジニアスコンピューティングにパワーを提供します。

製品URL: (リンク »)
価格(税込み・送料込み):
NVIDIA A100搭載モデル 2,735,689円~、NVIDIA RTX搭載モデル 1,822,689円~、GeForce搭載モデル 1,554,289円~

なお、当社では全ての製品をクラウド形態のリモート利用や、レンタルでの提供も行っており、プロジェクトや予算枠に合わせた柔軟な導入が可能です。製品レンタルの見積りは当社ホームページより行えます。


■株式会社ジーデップ・アドバンスについて
(リンク »)
株式会社ジーデップ・アドバンスは、「Advance with you」をミッションに、GPGPUをはじめとするアクセラレーターやハイエンドワークステーション、広帯域ネットワークや高速ストレージを用いたクラスターシステム、さらにライブラリやコンパイラ、ジョブスケジューラなどの運用ツールの提供構築から運用支援まで、仕事や研究を前に進めるための手段をオンプレミスやレンタル、クラウドなどあらゆる形態で総合的に提供するAIとビジュアライゼーションのソリューションプロバイダです。またIntel社のインテル(R) パートナー・アライアンス最高位のTITAN レベルの認定を受け、またNVIDIA社パートナー認定制度「NPN(NVIDIA Partner Network)」においてCompute DGX、Visualization各コンピテンシー最高位のエリートパートナーの認定を受けて活動しています。

■製品、サービスに関するお問い合わせ先
株式会社ジーデップ・アドバンス ソリューション部
E-mail:sales@gdep.co.jp
TEL:03-6803-0620 ※電話受付(平日)9:00~17:00

※NVIDIA、NVIDIA RTXは、米国NVIDIA Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
※記載されている情報はリリース時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了、延期となる場合があります。

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]