編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Microchip、低消費電力PolarFire(R) RISC-V(R) SoC FPGAを使ったEmbedded Visionエッジ アプリケーション向け開発ツールを新たに発表

マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社

From: DreamNews

2021-11-24 11:30

[NASDAQ: MCHP] - Microchip Technology Inc.(日本法人: 東京都港区浜松町、代表:
吉田洋介 以下Microchip社)は本日、同社のPolarFire RISC-V SoC(システム オンチップ) FPGA(フィールド プログラマブル ゲートアレイ)を使った設計向けに、同社のSmart Embedded Vision( (リンク ») )イニシアティブにおける2番目の開発ツールを発表しました。低消費電力PolarFire SoC FPGAは、デュアル4Kビデオ処理と、RTOS(リアルタイム オペレーティング システム)とLinux(R)等の高機能オペレーティング システムを同時実行するクワッドコアRISC-Vアプリケーション クラス プロセッサを搭載するミッドレンジ デバイスです。

Microchip社のSmart Embedded Vision開発プラットフォームは発表済みの、FPGAの専門知識がなくてもPolarFireデバイスを使って学習済みニューラル ネットワークをプログラムできるVectorBloxTMソフトウェア開発キット(SDK)およびIPに追加されるものです。この新しいプラットフォームは、IIoTおよびファクトリ オートメーション アプリケーションにおける高温環境エッジ コンピューティング ソリューションの開発を簡単にします。本プラットフォームのIP、ハードウェア、ツールには以下が含まれます。

● Embedded Vision - デュアル4K MIPI CSI-2カメラ、FPGAメザニンカード(FMC)で拡張したHDMI(R) 2.0、CoaXPress(R) 2.0、SDI (6/12 Gbps)、オート ネゴシエーション付きUSXGMII (Universal Serial 10 GE Media Independent Interface) MAC IP、USB 3.1 Gen 1/2プロトコルをサポート
● IIoTとファクトリ オートメーション - Wi-Fi(R)、Bluetooth(R)、USB 2.0、SDカード、eMMC (Embedded MultiMedia Card)、4レーン向けに設定された完全統合型PCIe(R) (Peripheral Component Interconnect Express)エンドポイントおよびルートポート機能、セキュアなクラウド接続のためのMicrochip社Trust&GOプラットフォームと組み合わせて使えるmikroBUSTMコネクタをサポート

本プラットフォームはAdacore社、Green Hills Software社、Mentor Graphics社、Wind River社の開発ツールを含むMicrochip社のMi-V RISC-Vエコシステム( (リンク ») )をサポートします。

VxWorks(R)、Nucleus(R)等の市販RTOSソリューションと、Zephyr(R)、FreeRTOSTM等の無償RTOSソリューションが使用可能です。ミドルウェア ソリューションはDornerWorks社、Hex Five社、Veridify Security社から提供されています。

Microchip社のPolarFire SoC FPGAは、スマートなネットワーク接続システムに適した熱効率と防衛グレードのセキュリティを競合製品の半分の消費電力で実現しています。PolarFire SoCとSmart Embedded Visionプラットフォームを使うと、リッチOSを使ったエッジ コンピューティング、ハードリアルタイム、さらにリッチOSにリアルタイムをミックスさせたものから選択でき、大容量2 MBメモリがそれらをサポートします。1つのプラットフォームでこれら3種類のアプリケーションに対応できます。

在庫/供給状況
Microchip社のSmart Embedded Vision開発プラットフォームは本日より提供いたします。PolarFire SoC FPGAは量産中です。詳細はFPGA_Marketing@microchip.comにお問い合わせください。

PolarFire SoC FPGAについて、またIIoT、ファクトリ オートメーション、Embedded Visionエッジ アプリケーションを最適化する方法についてはMicrochip社または正規代理店にお問い合わせください。

報道用画像: (リンク »)

Microchip Technology社について
Microchip Technology社(以下、Microchip社)はスマート、コネクテッド、セキュアな組み込み制御ソリューションのトッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。Microchip社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場で120,000社を超えるお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト( (リンク ») )をご覧ください。

詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社): daphne.yuen@microchip.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]