編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

世界初、AIが新型コロナの発症リスクを判定「Corona Lab」

株式会社シグナルトーク

From: DreamNews

2021-12-02 17:00

株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、所在地:東京都大田区、 (リンク ») )は、新型コロナを将来発症するリスクを判定する世界初のスマホサービス「Corona Lab(コロナラボ)」( (リンク ») )を本日より開始します。「Corona Lab(コロナラボ)」は、いつも食べている食品に含まれる食材や添加物、運動や喫煙などの生活習慣、既往症によって上下する発症リスクをAIが分析し判定します。

●Corona Lab(コロナラボ)公式サイト  (リンク »)


■Corona Lab(コロナラボ)とは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
食品のバーコードや原材料名をAIが読み取り、生活習慣やこれまでになったことのある病気や症状を回答すると、AIが新型コロナを将来発症するリスクを5段階(A~E)で表示します。いつも食べている食品の中で発症リスクの増加要因となる添加物や食材、生活習慣の中で何が悪いのか、既往症はどのように影響するのか、などが詳細にわかります。さらに、予防に役立つ生活習慣や、発症リスクが高い添加物や食材を含まない「Healthyフードリスト」も紹介します。

AIは国内で独自に集めたデータ、新型コロナに関して世界中で発表された論文、米FDAやEUなどの世界中のデータも学習し、統計的情報から分析結果を表示します。

無料で利用可能で、新型コロナの変異株や新たなパンデミックに備えるための解決策を提案する、社会貢献プロジェクトです。

▼AIカウンセリング結果 新型コロナを“将来”発症するリスクと健康改善のポイント





■AIカウンセリングの流れ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
食品に表示されているバーコードまたは原材料名表示をスマホで撮影し、約5分のAIカウンセリングの診断に回答すると、入力されたデータに基づき新型コロナを“将来”発症するリスクをAIが判定します。





■Corona Lab(コロナラボ)プロジェクトについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当社では9年以上にわたり、人々の食生活と病気の関係を分析してきました。
新型コロナに関しても分析を行った結果、特定の添加物や食材を摂っていると発症リスクが高まることや、運動、入浴などの生活習慣と発症リスクの関係が判明しました。さらにAIが前述の分析結果のほか、米FDAやWHO、EFSA、日本の消費者庁や厚生労働省が発表しているデータ、世界中から集めた論文、国内で独自に集めたデータを学習し、年齢や性別、BMI、既往症によるリスクなどの分析を行い、総合的に新型コロナを将来発症するリスク判定を行います。

Corona Lab(コロナラボ)は、日本発のプロジェクトで、日本人の発症リスクの真実を追究し、AIが学習した結果を無料で公開します。当面は10万人規模の参加を目指し、さらなる新型コロナ発症に関するデータを収集し、発症リスクの解明を進めます。

AIは世界中のデータを学習し、発症リスクを計算します。
食生活や生活習慣の改善点もわかります。





■Healthyフードリスト
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
発症リスクが高い添加物や食材を“含まない”食品のリストを紹介します。

・「健康度」や「美味しさ」、原材料名、口コミを紹介。
・食品は随時追加されます。






■一般社団法人 予防医療研究協会による公認と監修
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
現役医師でもある苅部淳理事長より、下記のコメントをいただいております。

「Corona Lab(コロナラボ)は、バーコード読み取りによる原材料名表示や撮影による原材料名のテキストデータ化という優れたUIを持つ画期的なサービスです。新型コロナの発症リスクの算出と合わせて、改善すべき生活習慣も表示されます。万が一、新型コロナにかかったとしても、重症化させないために有効なサービスです。」


■法的な確認について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2021年6月9日、厚生労働省の「プログラムの医療機器該当性に関するガイドライン」より、当サービスは医学的知見に基づかず、多因子データの統計的分析によって疾患の発症に関するリスク表示を行うため、医療機器(医療機器プログラム)に該当せず規制対象外にあたることを、GVA法律事務所により確認済です。


■対応ブラウザ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●iOS(iOS 14 以降 15.1まで):Safari、Chrome
●Android(Android 9.0以降):Chrome、Galaxy Internet Browser
※最新版を推奨


■株式会社シグナルトークについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
AIが食品の健康度を自動判定するアプリ「FoodScore」や、食生活や生活習慣の健康へのリスクをスコア化する「my healthy」、ワークパフォーマンス改善につながる食事をAIがアドバイスしてくれるサービス「WorkUp AI」など、世界初となるヘルスケアサービスを展開しています。
※健康情報を有益利用するための特許権を複数取得済みです。

【概要】
社名:株式会社シグナルトーク
Webサイト: (リンク »)
所在地:東京都大田区蒲田5-8-7 蒲田K-1ビル8F
代表取締役:栢 孝文(かや たかふみ)
事業内容:ヘルスケア事業の開発運営、オンラインゲームの開発、運営、販売


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]