インターネット接続サービス 「HOTCN 1G イーサシェアードアクセス」の提供開始について

北海道総合通信網株式会社

2021-12-20 15:00

北海道総合通信網株式会社は、1Gbpsのインターネット接続回線を複数のお客様で共用するインターネット接続サービス「HOTCN 1Gイーサシェアードアクセス」の提供を開始いたしました。
北海道総合通信網株式会社(略称:HOTnet/本社:北海道札幌市/取締役社長:古郡 宏章)は、インターネット接続サービス「HOTCN 1G イーサシェアードアクセス」の提供を開始いたしました。

1.背景
企業・自治体におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進や、新型コロナウイルスの世界的な流行に伴うテレワークの普及などを背景に、インターネットのトラフィックは増大し続けております。
このようなICT環境の変化に対する当社の取り組みとして、インターネット接続サービス「HOTCN」の帯域共有型イーサネットアクセスメニューにおいて、最大1Gbpsまでに対応いたしました。
当社は、インターネット接続サービスの強化を通じて、お客さまのDX推進やICT利活用に貢献してまいります。

2.概要・特徴
本サービスは、1Gbpsのインターネット接続回線を複数のお客様で共用するインターネット接続サービスです。最大通信速度は1Gbpsとなります(回線が混雑していないとき)。
アクセス回線は当社の光ファイバーネットワークで構成、また、インターネットバックボーンは複数の主要IX(インターネット・エクスチェンジ)事業者や大手通信事業者と接続し、高品質で安定的なインターネット環境を提供いたします。
本サービスは、S.T.E.P札幌データセンターならびに、札幌をはじめとする北海道全域でご利用いただけます。

このプレスリリースの付帯情報

サービス概要図

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]