編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

マクニカ、コンテンツクラウドBoxのセキュリティ監視を強化するSplunk用オリジナルApp「Security Monitoring App for Box」をリリース

~Boxの不正利用/誤用/設定ミスの監視を強化~

株式会社マクニカ ネットワークス カンパニー

2022-01-12 10:00

半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス&ソリューション・プロバイダーの株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)は、コンテンツクラウドであるBoxのセキュリティ監視を実現するSplunk® Enterprise用のオリジナルApp「Security Monitoring App for Box」を本日リリースすることを発表いたします。
・サービス名…Security Monitoring App for Box
・提供形態…ソフトウェア(年間サブスクリプション)
・提供対象…コンテンツクラウド「Box」、およびログ解析プラットフォームSplunk(Splunk EnterpriseまたはSplunk® Cloud Platform)をご利用中のお客様
・提供開始日…2022年1月12日 

近年、SaaS(Software as a Service)の利用が爆発的に増加していますが、SaaSの中でもコンテンツ共有・データ保管は最も利用が進んでいるジャンルの一つです。コロナ禍・リモートワークの影響もあり、従来オンプレミスで管理していたファイルサーバーをSaaS型のクラウドストレージに置き換える企業が非常に増えています。「Box」はコンテンツクラウドとして代表的な製品のひとつです。

「Box」は強固なセキュリティときめこまやかな管理機能を実装しており、外部からの攻撃による情報漏洩を未然に防ぐことが可能です。しかし、リモートワークの普及により、アクセスコントロール設定が複雑になったことによる設定ミスや、悪意のある従業員によるファイルアクセス・ダウンロードが引き起こす情報漏洩にはより一層注意を払う必要があります。

この度マクニカがリリースする「Security Monitoring App for Box」は、コンテンツクラウドの「Box」に対して更なるセキュリティ監視を実現し、このようなセキュリティ上の懸念を解消するためのソリューションです。ログ解析プラットフォームであるSplunk用のApp(アドオンソフトウェア)として提供され、Boxが生成するイベントログを利用して、Boxに関する不正アクセスや設定ミスなどを検知・監視することが可能になります。このAppは以下のような特徴を持っています。

■「Security Monitoring App for Box」の特徴
・Splunkを活用したBox監視ソリューション
・Boxのイベントログを使いBoxの不正利用/誤用/設定ミスなどを監視
・効果的なセキュリティ監視運用を実現するダッシュボード/視覚化パネルを10種以上具備
・異常に気が付くアラート機能

■豊富な視覚化/ダッシュボード機能
プリセットのダッシュボード群を用いてBoxの利用状態を視覚化することで、ユーザーはいつもと違う異常な状態に気づいたり、トレンドを把握したりすることが可能です。初期リリースバージョンでは、12種類の視覚化パネルが用意されています。一例として以下のような視覚化機能があります。

・外部共有されているフォルダへのアクセス状態を視覚化
・オープンリンク・パブリックリンクの作成やアクセス状況を視覚化
・営業時間外や週末のダウンロードアクティビティを視覚化
・過剰なダウンロード・削除などのアクティビティをリストアップして視覚化
etc.

■便利なアラート機能
プリセットで用意されているアラート機能により、管理者は注意を払うべき事象が発生した際にはメールなどで通知を受け取ることが可能です。初期リリースバージョンでは7種類のアラート機能が用意されています。一例として以下のようなものがあります。
・閾値を超える過剰なダウンロードが発生した際にアラート
・オープンリンクが生成された際にアラート
・オープンリンクにアクセスがあった際にアラート
・リンクの有効期限が切れそうな場合にアラート
etc.

■年間サブスクリプションでの提供
当Appは「Splunk Enterprise」または「Splunk® Cloud Platform」専用のApp(アドオンソフトウェア)として提供され、年間サポートを含むサブスクリプション型で提供されます。マクニカでは、Splunk(「Splunk Enterprise」または「Splunk Cloud Platform」)と合わせて販売・提供することも可能です。

■Security Monitoring App for Boxサービス紹介ページ
(リンク »)

※本文中に記載の社名及び製品名は、株式会社マクニカおよび各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


【株式会社マクニカについて】
マクニカは、1972 年の設立以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。「Co.Tomorrowing」をスローガンに、最先端のテクノロジーとマクニカが持つインテリジェンスをつなぎ、ユニークなサービス/ソリューションを提供する存在として、社会的価値を生み出し未来社会の発展へ貢献していきます。当社は、横浜に本社を構え、世界23ヶ国85拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。詳細はWebサイト (リンク ») をご覧ください。


<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
株式会社マクニカ (リンク »)
コーポレートマーケティング統括部 広報室 宮原、磯崎 e-Mail:macpr@macnica.co.jp
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]