編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

「CTAとは?」基礎知識とCTAの重要性と注意点について詳しく解説

株式会社ファーストネットジャパン

2022-02-10 18:00

ホームページ制作やWebマーケティング、SEO対策、グラフィックデザイン、翻訳サービスを提供している株式会社ファーストネットジャパン(本社:大阪府大阪市、代表取締役:齊藤 真也)は、WEBマーケティングには必須とされるCTAに関する解説記事を公式サイトにて公開しました。
株式会社ファーストネットジャパンでは、WEB及びIT関連に役立つメディアを運営しています。
この度、WEBマーケティングにおける重要対策のひとつ「CTA」について基本的な知識からその重要性などを当メディアにて公開しました。

元記事はこちら
(リンク »)

CTAというと難しく考えらるかもしれませんが、いたって簡単なことで、
コンテンツマーケティング、いわゆるブログ上でバナーなり、ボタンなりでちょっとした宣伝をつけ、自社サービスに誘導するというしくみです。

ここ昨今WEB広告の高騰によりやみくもにリスティング広告を出しても成約につながりにくい時代です。
そういったプッシュ型のマーケティングではなく、受け身であるプル型のマーケティングのほうが成約率は高くなります。
また時間はかかりますが長い目で見ると費用対効果も見込めます。

そんなCTAはまちがいなく自社のWEBマーケティングには必須条件となるでしょう。

ぜひご一読ください!

以下のような目次構成になっています。
1 CTAとは?(基礎知識)
1.1 CTAとは
1.2 CTAの具体例
1.3 どんな場面でCTAが使われる?
1.3.1 通信講座の無料資料請求・講座受講申し込み
1.3.2 化粧品・サプリのお試しセット購入
1.3.3 セミナー・講座の申し込み
1.3.4 メールフォームからのお問い合わせ・予約
2 CTA関連で知っておくべき4つのIT用語
2.1 CV
2.2 コンバージョン数 (CV数)
2.3 CVR
2.4 商談率
3 CTAの重要性について
3.1 アクセスアップ以上の付加価値
3.2 CV・CVRの増加対策として
3.3 困った時にすぐにお問い合わせできる
4 CTA設置に関する注意点
4.1 CTAをむやみに増やせば良いものではない
4.2 CTAの適材適所を考慮する
4.3 目立たせすぎないこと
5 売上アップにつながる効果的なCTA作成の秘訣
5.1 ボタンの色を工夫しよう
5.2 太字を活用する
5.3 リンク先のイメージを明確に・好印象に
5.4 文章全体に説得力・訴求力を持たせること
5.5 サイト自体の健全性について理解を得ること
6 まとめ
■会社概要
社名:株式会社ファーストネットジャパン
設立:2004年12月
本社所在地:大阪府大阪市中央区南久宝寺町1-7-10 シャンクレール南久宝寺201
代表者:代表取締役 齊藤 真也
事業内容:Webサイト制作、Webマーケティング、グラフィックデザイン、翻訳サービス
コーポレートサイト: (リンク »)

■運営サイト
【無料メールフォーム作成ツール】
EasyMail: (リンク »)
【英語・中国語などの12か国語の言語に対応した翻訳サービス】
ファーストネット翻訳サービス: (リンク »)
【ホームページ制作大阪ドットコム】
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]