編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

AWS対応の次世代バックアップ・ソリューション 『N2WS Backup & Recovery Ver4.1』の販売・サポートを開始

株式会社クライムは米N2W Software社の N2WS Backup & Recovery の最新版 Ver4.1の販売・サポートを開始しました。

株式会社クライム

2022-04-12 10:00

株式会社クライム(本社:東京都中央区)は米国N2W Software社が開発したマルチクラウド対応の次世代バックアップ・ソリューション「N2WS Backup & Recovery」の最新バージョンVer 4.1の販売・サポートを4月12日から開始することを発表しました。
N2WS Backup & Recovery(以下N2WS)はWebインターフェイスでAWSとMicrosoft Azure環境上でのバックアップ/リカバリ/災害対策を提供します。EC2インスタンスやRDS/Aurora、RedShiftといったAWS環境で実行されるワークロードをAWSネイティブのスナップショットを活用し、簡単、確実に保護できます。


■N2WSバージョン4.1の主な新規機能

〇データ保護におけるランサムウェア対策新機能(Immutable:不変)
Amazon S3バックアップリポジトリのS3 Object Lockサポートにより、データバックアップの柔軟性と保護が強化されています。N2WSのバックアップはAmazon S3リポジトリでオブジェクトロックを有効にすることで、ランサムウェア、悪意のある攻撃、不注意での削除から保護することができます。N2WSは、指定されたガバナンス期間が終了するまで、バックアップデータを削除できないようにします。管理者は、アカウントレベルでの侵害があった場合でも、バックアップデータが変更または削除から不変に保たれることを確実にすることができます。

〇データベース・バックアップの新機能
N2W Software社は、AWS上のSAP HANAを保護するためのネイティブ・サポートを発表しました。SAP HANA on AWSを運用するユーザは、SAP HANAインメモリ・データベースのAmazon S3へのバックアップ編成を効率化することができます。SAP管理者は、SAP HANAインスタンスとデータベースをわずか数分で本番状態に回復することができます。管理者は、SAP HANAの同一リージョン、別リージョンへの災害復旧を自動化し、新しいN2WSの S3 Object Lock統合を使用して、不変のSAP HANAバックアップを作成することにより、企業のデータ保護目標をより正確に満たすことができます。これにより、AWS上でSAP HANAを実行しているユーザは、実装が簡単で使いやすいバックアップ&リカバリツールとしてのN2WSの恩恵を受けられるようになります。

〇データ・ライフサイクル管理の新機能
Amazon RDS(Relational Database Service)のデータベースをAmazon S3、Amazon Glacier、またはGlacier Deep Archiveにアーカイブし、アーカイブされたデータベースをわずか数分で本番状態に戻すことができます。組織内の重要なワークロードにAmazon RDSを採用するユーザが増え続けています。これらのワークロードには、データ保持のための厳しい役務が伴うことが多く、データ・ライフサイクル計画を策定しなければ、コスト負担が大きくなる可能性があります。N2WSは、MySQLエンジンやPostgreSQLエンジンを搭載したRDSデータベースのバックアップ、災害復旧、データ・ライフサイクル管理などのサービスを提供しています。これらのエンジンを利用しているユーザは、AWSが提供する低コストのストレージ階層を活用することで、アーカイブデータの長期保存コストを削減できるというメリットがあります。

〇VPC キャプチャーの拡張
N2WSは、ユーザのワークロードが常に利用可能でアクセスしやすい状態を確保することを重視しています。データの可用性を確保するためには、ネットワーク・インフラも保護され、修復可能であることが必要です。N2WS v4.1では、ユーザは次のような追加のVPCエンティティを保護することができます。トランジットゲートウェイ、カスタマーゲートウェイ、VPNゲートウェイ、サイト間VPN接続などです。VPCエンティティ、セキュリティグループ、およびネットワーク設定は、以前の状態に復元し、他のAWSリージョンやAWSアカウントにクローンすることが可能です。これにより、ユーザはデータやネットワーク・インフラをダウンタイムや停止から確実に保護することができます。

〇NEW NetApp ONTAPのAmazon Fsxをサポート
N2WSは、Amazon FSx for NetApp OPNTAPのバックアップとリカバリのサポートを発表しました。 N2WSは、すでにWindowsファイルサーバ向けAmazon FSxとLustre向けAmazon FSxのバックアップとリカバリをサポートしています。Amazon FSxを使用中のユーザは、他のAWSサービスとともにFSxサービスのバックアップを自動化し、バックアップ状況を容易に監視できるようになります。また、トランジットゲートウェイやVPC設定などの他のワークロード・コンポーネントや、他のサポートサーバ、データ、メタデータと一緒にAmazon FSxのリカバリを編成することができます。

〇Microsoft Azure バックアップおよびディザスターリカバリーでの新機能
N2W Software社はN2WS V4.0でMicrosoft Azureのワークロードに対するサポート追加を発表しました。新たに、Microsoft Azureの仮想マシンやディスクのクロスリージョン・ディザスターリカバリー(DR)をサポートします。また、Microsoft Azureの管理者は、Azure SQLデータベースに対してデータ保護ポリシーを適用することができます。管理者は、すべてのクラウドワークロードを一元管理し、1クリックで簡単に本番環境にリカバリできるメリットがあります。N2WSのマルチテナンシーを活用することで、この一元管理には、多くの地域、アカウント、パブリッククラウド・プロバイダー(AWSとAzure)で実行されているワークロードを含めることができます。これにより、マネージド・サービス・プロバイダー、システム・インテグレータ、および分散ディプロイを行う企業がデータ保護を容易に監視できるようになります。


<N2WS Backup & Recovery 詳細サイト>
(リンク »)
(リンク »)

<価格>
年間480,000円(税別)から

<N2WS Backup & Recoveryの評価申込について>
N2WS Backup & Recoveryの評価版は クライムのWebサイトから申し込みすることができます。
(リンク »)


■ 株式会社クライムについて
株式会社クライムは1984年に設立され、仮想化/クラウド、データベース関連ソフトウェア企画・販売・サポート、アプリケーション開発を提供しています。
本社所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町1-36-7
TEL: 03-3660-9336 Fax:03-3660-9337
URL: (リンク »)

■N2W Software社について
N2W Software社は本社を米国フロリダ州に置き、 IaaSデータ保護におけるトップ・ベンダーで、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azure環境に設計されたクラウド・ネイティブのバックアップ・ソリューションを提供しています。クライムとは2019年2月に代理店契約を妥結しています。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]