編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

缶入りワイン市場、2021年~2027年はCAGR10.43%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーション

2022-05-20 18:00

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「缶入りワインの世界市場:業界分析、動向、市場規模、予測(~2027年)」(Infinium Global Research (IGR))の販売を2022年5月18日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)
缶入りワイン市場は2021年から2027年の予測期間においてCAGR10.43%で成長すると予測されています。
市場インサイト
缶入りワイン市場は、2021年に8,840万米ドルと評価され、2027年には1億6,030万米ドルに達すると予測されています。ワインは一般的にボトルに入っているアルコール飲料で、食卓で使用されます。ワインは最も消費されている酒類です。消費者は、ほとんどすべてのパーティーやごく小さな会合でワインを楽しんでいます。しかし、ピクニックなどでグラスと一緒にワインのボトルを持ち運ぶのは大変です。そこで、制約を克服するために缶入りワインが登場しました。ポータブルで頑丈な為、消費者から支持されています。缶入りワインは、缶に詰められた少量のワインにすぎませんが、多くのフレーバーがありボトル入りのワインと同じような感覚で飲むことができます。缶詰のワインは、グラスやボトルオープナーを必要としないため便利です。利便性を高めるために、グラスよりも携帯性に優れ、壊れにくいワイン容器の需要が高まっていることが、市場の成長を後押しする重要な要因となっています。
またキャンプ、トローリング、登山のような屋外のレクリエーション活動への参加の増加は、商品の需要を推進しています。ガラスよりも容器の扱いやすさや持ち運びやすさから、缶入りワインへの嗜好が高まっており、容器の需要拡大が後押ししています。
さらに、缶入りワインは、ビーチやキャンプなどのアウトドアで冷たいまま飲めるという利便性から、世界中の消費者の間で人気が高まっています。しかし、政府の厳しい規制や規則、また税金の適用が予測期間中のワイン市場の拡大を妨げると予想されます。

地域別では、缶入りワイン市場は、北米、欧州、アジア太平洋、アフリカ、中東に区分されます。北米が最大の市場シェアを占めていますが、これは同地域の気候条件の変化とワインの利用率の上昇に起因しています。大手企業によるこの分野への研究開発投資の増加は、同地域の市場成長を促進させるでしょう。また、旅行時の携帯のしやすさから、ヨーロッパ諸国での缶入りワインの利用が増加していることも、地域の成長を後押しするものと思われます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券 取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]