編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

医薬品や化粧品の最新技術を⼤学の最新機器で実験体験「Challenge Lab.」開催--東京工科大学応⽤⽣物学部

東京工科大学

From: Digital PR Platform

2022-06-13 20:05




東京⼯科⼤学(東京都⼋王⼦市、学⻑:⼤⼭恭弘)応⽤⽣物学部では、⾼校⽣を対象に最新の医薬品や化粧品の技術について最先端の研究設備で体験していただく「Challenge Lab.(チャレンジラボ)」を、7⽉17⽇(⽇)、8⽉7⽇(⽇)の2回開催いたします。参加は無料で申込は専⽤サイト(下記参照)にて受付けます。
この取り組みは、応⽤⽣物学部の有する最新の機器を使い、バイオサイエンスの魅⼒である「実験」を⾝近に体験していただこうと2009年より開催しています。4年ぶりの13回⽬開催となる今回は、「DNAの分析」と「化粧品の界⾯科学」をテーマに、これらを専⾨とする本学教員らが指導を⾏います。




■7⽉17⽇(⽇):バイオテクノロジーを⽤いたDNAの判別⽅法
 今⽇のバイオ医薬品やゲノム編集の発展は、分⼦⽣物学や⽣化学、遺伝学など多様な分野の成果が結実したものです。今回の実験では、⾼校⽣物でも学習する制限酵素とポリメラーゼ連鎖反応(PCR)という分⼦⽣物学の技術を利⽤し、未知のDNAサンプルの判別を⾏います。バイオテクノロジーの有⽤性やDNAやタンパク質といった分⼦の精緻な働きを体験します。(指導教員:応⽤⽣物学部 ⽣命科学・医薬品専攻 医薬品コース ⻄良太郎准教授)

■8⽉7⽇(⽇):化粧品の界⾯化学「油汚れを洗い流せるオイルクレンジング剤の作成と評価」
 肌の油汚れを落とす化粧品「クレンジング剤」をテーマに実験します。最近の⽔をかけてサッと洗い流せるタイプの製品には、油性状態から⽔で流せる乳液状態へと⼀瞬で変化する「乳化と転相」という界⾯化学技術が⽤いられています。今回の実験では、界⾯活性剤、オイル、保湿剤を組み合わせてオイルクレンジング剤を作成し、汚れ落としの性能や使⽤感触についても体験してみます。(指導教員:応⽤⽣物学部 ⾷品・化粧品専攻 化粧品コース 柴⽥雅史教授)

【実施概要】
開催⽇時:2022年7⽉17⽇(⽇) 13:00-16:00 / 8⽉7⽇(⽇) 13:00-16:00
開催場所:東京⼯科⼤学⼋王⼦キャンパス(東京都⼋王⼦市⽚倉町1404-1) ※⼋王⼦駅より スクールバス約10分
参 加 費:無料
対 象:⾼校⽣
※申込者 (⾼校⽣限定) 以外に最⼤1名の同伴者が参加できます。同伴者は、友⼈、保護者など実験テーマに興味があればどなたでも結構です。ただし、同伴者は⾒学のみになります。
参加申込:⼤学ホームページ内下記専⽤サイトの応募フォームより
定員・締切:各回30名(各開催前⽇の17時締切り)
詳細・申込: (リンク »)
問 合 せ:Tel. 0120-444-903 (東京⼯科⼤学 広報課)
※最⼤限の感染症対策の上対⾯にて実施いたします。ご参加にあたりましてはご協⼒のほどお願い申し上げます。



■応用生物学部WEB:
(リンク »)

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東京工科大学の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]