編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

グローバルローダーバケット市場の収益、市場規模、販売量、売上高、価格の分析レポート2022-2028

QY Research株式会社

2022-07-05 17:01

2022年7月5日に、QYResearchは「グローバルローダーバケットに関する調査レポート, 2017年-2028年の市場推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報」の調査資料を発表しました。ローダーバケットの市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界と中国市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界と中国市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2017年から2021年まで、予測データは2022年から2028年までです。

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
(リンク »)

市場分析と見通し:世界のローダーバケット市場
コロナ禍によって、ローダーバケット(Loader Buckets)の世界市場規模は2021年に 百万米ドルと予測され、2028年まで、%の年間平均成長率(CARG)で成長し、 百万米ドルの市場規模になると予測されています。

ローダーバケット の世界の主要メーカーには、Caterpillar, Hensley, Komatsu, Volvo, Doosan, Paladin, Empire Bucket, Werk-Brau and ACS Industries,などがある。2021年、世界の大手6社の売上は %のシェアを占めています。

北米の ローダーバケット 市場は、2021 年に 百万米ドル、中国市場は 2028 年に 百万米ドルになると予測されています。世界市場における中国のシェアは、2021年に %で、2028年には %に達し、年間平均成長率(CARG)は %と予測されています。ヨーロッパの ローダーバケット 市場では、ドイツが2028年までに 百万米ドルに達すると予測されています。アジアでは、日本と韓国の市場が最も注目されていて、今後6年間の平均成長率(CARG)はそれぞれ %と %です。

General Purpose Bucketsは、2021年には ローダーバケット 世界市場の %を占めていましたが、コロナ以降の期間には %のCAGRで成長し、2028年には 百万米ドルになると予測されています。一方、Wheel Loadersセグメントは、2028年まで年間平均成長率(CARG)%で成長し、2028年には約 %のシェアを占めることになります。

世界のローダーバケット規模とセグメント
世界のローダーバケット市場は、会社別、地域別、製品別とアプリケーションによって細分化することができます。世界のローダーバケット市場における主な会社、関係者及びその他の参加者は、本調査レポートを重要なリソースとして活用することができます。このレポートは、2017年から2028年までの会社別、地域(国)別、製品別及びアプリケーション別の売上実績と予測に焦点を当てています。

【総目録】
1 世界のローダーバケット市場概況:製品概要、市場規模、売上市場シェア、販売量、平均販売単価(ASP)の推移と予測(2017-2028)
2 世界のローダーバケット会社別の市場競争:製造拠点、販売エリア、製品タイプ、競争状況と動向と販売量、売上、平均販売単価のベース
3 ローダーバケット地域別の状況と展望:地域別の市場規模とCAGR(2017 VS 2021 VS 2028)、販売量、売上、単価と粗利益の推移と予測(2017-2028)
4 ローダーバケットアプリケーション別:アプリケーション別の市場規模の推移と予測(2017-2028)
5 北米ローダーバケット国別の市場概況:販売量、売上(2017-2028)
6 ヨーロッパローダーバケット国別の市場概況:販売量、売上(2017-2028)
7 アジア太平洋地域ローダーバケット国別の市場概況:販売量、売上(2017-2028)
8 ラテンアメリカローダーバケット国別の市場概況:販売量、売上(2017-2028)
9 中東とアフリカローダーバケット国別の市場概況:販売量、売上(2017-2028)
10 主な会社とそのデータ:企業情報、主なローダーバケット製品の販売量、売上、粗利益(2017-2022)
11 原材料、産業課題、リスクと影響要因分析
12 マーケティング戦略分析、ディストリビューター
13 研究成果と結論
14 付録

QYResearch(QYリサーチ)は市場調査レポート、リサーチレポート、F/S、委託調査、IPOコンサル、事業計画書などの業務を行い、お客様のグローバルビジネス、新ビジネスに役に立つ情報やデータをご提供致します。米国、日本、韓国、インド、中国でプロフェショナル研究チームを有し、世界30か国以上においてビジネスパートナーと提携しています。今までに世界100ヵ国以上、5万社余りに産業情報サービスを提供してきました。また、日本の皆様へのサービスをより一層充実するために、日本の現地法人を設けています。

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
(リンク »)
■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社
日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]