国際コンシューマ・エレクトロニクス展 IFA 2022 : フレンチテックを掲げたスタートアップ企業31社がフランスパビリオンに集結

独ベルリン 2022年9月2日~6日

在日フランス大使館 貿易投資庁

2022-07-20 09:00

2020年は規模を制限、2021年は中止となった欧州最大級のエレクトロニクス展IFAは、今年9月2日から6日まで、いよいよフル開催となります。フランスパビリオンには、コロナ禍前(2019年)の20社に比して31社が参加します。出展各社は、エレクトロニクス分野の新しいイノベーションに関心のある、潜在的な顧客や投資家と直接出会える機会を待ち望んでいます。
イノベーション発信エリアIFA Next

フランスの31のスタートアップ企業は、次世代を担うイノベーターが集うIFA Nextエリアの215 m²でフレンチテックを掲げます(Hall 20, Stands 201-239)。IoT&ウェアラブル・コネクテッドデバイス、エンターテインメント、ウェルビーイング、モビリティ、サイバーセキュリティ、人工知能、ロボット工学といった多岐にわたるテクノロジー分野のこれら企業を、フランス貿易投資庁ビジネスフランスは、Channel Hub、Hardware France、ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏、フレンチテック・ベルリン*らと連携してサポートします。

参加企業の多くは、劇的に変化する市場ですぐにでも発売できる製品を揃えています。彼らの目指すところは、めまぐるしく変化する世界の新たな課題への対応です。

今年の注目は、Daan Technologies社が紹介する1〜2人の世帯のための環境に優しいコネクテッドミニオーブン「Joe」、バイカーの安全性を向上させるTali Connected社のコネクテッドバイクヘルメット、Adok社のタッチスクリーン式プロジェクターです。

「これらスタートアップ企業は、製品の革新性と市場性の高さから選ばれました。31社すべて、一般大衆向けのソリューションを提案しています。ビジネスフランスは、展示会前に、外国のディストリビューターとの契約交渉についてコーチングするなどして、彼らをサポートしています。」(ビジネスフランス テック&サービス部門責任者 エリック・モラン)

また出典企業は、展示会の5日間に、様々な交流機会が設けられています。外国の業界関係者とのアポイント・プログラムがセッティングされるほか、9月1日に開催される外国人ジャーナリスト向けイベントShowstopper、さらに同日、フレンチテック・ベルリンと提携してMazars社にて“仏独ナイト”が計画されています。また9月5日には、パートナーのChannel Hubによって、この一週間を締めくくるスタートアップと小売業者の間のミーティングがベルリン・レストランで開催されます。


さまざまな発展のチャンス

すでに世界でも認知されているフランスならではのノウハウ、イノベーションと研究における優れた能力、そしてダイナミックなことで知られるエコシステムによって、革新的なフランス企業は国際的にも際立ち、好調を博しています。
GSMアソシエーションの調査によると、コネクテッドオブジェクトのフランス市場は売上高約4億ユーロ(2020)と推定され、活況を呈しています。さらに世界のIoT市場が2025年までに1兆1,000億米ドルに達するという見通しは、多くの発展機会を示しており、企業にとって朗報です。この分野は一方では健康、家庭、スポーツなどの消費財、他方ではサプライチェーンのコネクティビティからスマートシティまでの強い課題を抱えるB2B IoTという同様に広い市場を含み、どの企業もこの流れの恩恵を受けることになります。

出展各企業の詳細は、以下のオンラインカタログからご覧いただけます。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

IFA2022 フランスパビリオン出展社

用語解説

*フレンチテック・ベルリン:フランスのスタートアップ企業を取り巻くエコシステムの一部であり、世界各国の現地のコミュニティ。日本にはフレンチテック東京( (リンク ») )があります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]