肥料添加剤市場、2027年に3億6,000万米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2022-07-22 14:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「肥料添加剤の世界市場 (2022-2027年):産業動向・シェア・規模・成長・機会・予測」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月21日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界の肥料添加剤市場は、2021年に28億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は2.54%のCAGRで成長し、2027年には33億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。
肥料添加剤は、肥料の生産性を促進するために使用される成分です。肥料の粒状性を維持し、耐水性をもたらす固化防止コーティングを提供します。また、ダマやチリの発生を防ぎ、窒素、リン、カリウム、硫黄などの必須栄養素が失われるのを防ぐ役割も担っているため、世界的に需要が高まっています。

市場の動向
現在、世界人口の増加と急速な都市化により、世界的に食糧不足が深刻化しています。また、従来の農法や限られた耕作地での栽培による土壌の劣化に対する意識の高まりも、肥料添加剤市場の大きな成長要因の一つとなっています。肥料添加剤は、腐食防止剤、防塵剤、吸湿剤として使用され、マクロおよびミクロ栄養素の損失を抑制し、土壌の生産性を向上させることができるため、ますます利用されるようになってきています。さらに、湿度の高い気候条件による湿気を防ぐために、肥料の輸送や保管の際にも利用されています。加えて、温室効果ガス(GHG)の排出による環境への懸念が高まっていることから、各国の政府機関は、新しい付加価値を持つ肥料の使用や肥料添加物の利点について、農業従事者の意識を高めるためのさまざまな取り組みを行っています。また、各国政府は助成金や補助金を提供することによって、農業への支援を強化しており、これが、市場の成長を強化しています。その他、さまざまな技術革新の導入、尿素系肥料の需要の増加、農作物の生産性向上に対する意識の高まり、農業分野の発展などの要因も、市場成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分
世界の肥料添加剤市場は、機能、形態、用途、地域に基づいて細分化されています。

機能別の市場区分
・ダストコントロール剤
・固化防止剤
・消泡剤
・疎水化剤
・腐食防止剤
・その他

形態別の市場区分
・顆粒状
・粉末状

用途別の市場区分
・尿素
・リン酸モノアンモニウム
・スーパーリン酸トリプル
・リン酸二アンモニウム
・硝酸アンモニウム
・その他

地域別の市場区分
・北アメリカ
・ラテンアメリカ
・欧州
・アジア太平洋地域
・中東・アフリカ

市場の競合状況
世界の肥料添加剤市場における主要な企業としては、Amit Trading Ltd、ArrMaz(Arkema S.A.)、BASF SE、Clariant AG、Corteva Inc.、Dorf-Ketal Chemicals India Private Limited、Holland Novochem B.V.、Hubei Forbon Technology Co Ltd、KAO Corporation、Michelman Inc.、Solvay S.A. 、Tolsa SAなどが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    量子コンピューターの実用化がもたらす脅威とは?既存の暗号資産を守る“4つのステップ”を徹底解説

  2. セキュリティ

    攻撃者がクラウドを標的にする仕組みとは? CrowdStrikeのレポートから考察する

  3. 経営

    「作って終わり」のマニュアルを「活用される」マニュアルにするためには?

  4. セキュリティ

    脱「PPAP」で考える、重要なファイルを安全に送付・共有する最適解とは?

  5. コミュニケーション

    Slack 導入事例集 2023:伊藤忠テクノソリューションズはいかに営業チームを1つにまとめたのか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]