編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

オークモスエキス市場、2032年に6,340万米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2022-08-12 12:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「オークモス抽出物の世界市場(性質別:オーガニック、従来型、形態別:粉末、液体):業界分析、市場規模、シェア、成長、動向、予測(2022年~2032年)」(Transparency Market Research)の販売を8月10日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

オークモスエキス市場の概要
オークモスエキス市場は、2022年末に3,630万米ドルの規模に達すると推定されています。2022年から2032年にかけて、市場は5.7%のCAGRで成長し、2032年には6,340万米ドル規模に達すると予想されています。

米国におけるオークモスエキスの消費量は、2022年末までに186MTになると予測されています。また、北米市場の米国市場におけるシェアは約83.6%を占めており、予測期間中に約6.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。
オークモスエキスの主な最終用途産業は化粧品・パーソナルケア産業で、2022年末の市場規模は2,270万米ドルに達し、予測期間中は約5.0%のCAGRで拡大すると予測されています。

オークモスエキス市場のフロントランナー
オークモスエキスは、化粧品・パーソナルケア産業、加工食品・飲料産業、アロマテラピーなど、多くの産業で応用されています。化粧品・パーソナルケア産業は、香水産業における固定基剤としての利用が増加していることから、オークモスエキスの最大市場となっています。
アロマテラピーの利点に関する意識の高まりと、ナチュラルケアや自然回帰製品への関心の変化により、世界のオークモスエキスの市場規模は2022年の3,630万米ドルから、2032年には約6,340万米ドルに達すると予想されています。この傾向は、治癒能力を持つ有機または天然成分の開発に拍車をかけると予想されます。
オークモスはコケの一種で、菌類と共生して生育しています。植物と類似性がありますが、植物ではありません。地衣類を長時間水に浸して溶媒抽出したものがアブソリュートです。化粧品、食品、飲料など幅広い分野で使用されています。

オークモスエキス市場の動向
アロマテラピーの需要増
アロマテラピーは、天然植物エキスを用いて健康増進を図る自然療法です。エッセンシャルオイルは、体内の心理的・生理的活動に同時に作用するため、アロマテラピーに広く利用されています。また、アロマテラピーの需要の増加要因としてはいくつかあり、その中で最も重要なのは、過去10年間における個人の所得の増加です。アロマテラピーは、以前は補完療法と考えられていましたが、現在では主流の治療法として考えられています。
アロマテラピーに利用されるオークモスエキスは、風邪、ストレス、頭痛、咳、不安感など、いくつかの健康効果があります。その機能特性から、アロマテラピーは患者を癒すために、経口、経皮、吸入の3つの方法で投与されます。

クリーンラベルのエッセンシャルオイルに対する需要の高まり
製品ラベルにシンプルで合成成分の少ないものを求める顧客の関心が高まっているため、クリーンラベルへの関心が強まっていることは、市場の重要な拡大要因となっています。合成化合物の化学式は不健康であるため、クリーンラベルには記載されません。そのため、生産者は合成添加物の代わりにエッセンシャルオイルを採用する傾向が高まると予想されます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]