編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

アーリー期のスタートアップを支援「OIHスタートアップアクセラレーションプログラム(OSAP)」第14期募集

総額132億円以上の資金調達実績を誇るOSAPが第14期プログラムの参加者を募集します!

公益財団法人大阪産業局

2022-09-22 14:00

公益財団法人大阪産業局では、令和3年度まで主にシード期のスタートアップ企業を支援するプログラムとして「OIHシードアクセラレーションプログラム(OSAP)」を実施して参りました。
関西のスタートアップ・エコシステムのさらなる発展に向け、ミドル・レイターのスタートアップの輩出を加速させていくため、今年度より、アーリー期のスタートアップ企業を対象とした「OIHスタートアップアクセラレーションプログラム(OSAP)」にリニューアルしました。
この度、令和4年12月上旬から令和5年3月中旬までの約4か月間に支援を行う第14期プログラムの参加者を募集します。

本事業では、アーリー期のスタートアップ企業が、起業経験者等からのアドバイスや、大企業・ベンチャーキャピタル等との連携により、事業成長の加速(アクセラレーション)をめざします。

令和4年度のプログラム運営については、原則オンラインとしますが、新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑み、一部イベントは会場開催にすることも想定しています。

平成28年度の事業開始以来、プログラム参加企業の資金調達実績は総額132億円。今年度からはアーリー期の企業を対象としたプログラムとしてリニューアルし、スタートアップの更なる事業成長を下支えします。

【OIHスタートアップアクセラレーションプログラム(OSAP)】第14期プログラム 募集概要
■プログラムで受けられる主な支援
・レイターステージやIPOに向けた自社課題の総点検支援
・総点検を踏まえて強化・改善すべき課題にフォーカスした伴走支援
(計画修正、ガバナンスや管理体制など)
・経営課題に応じて、IPO支援やスタートアップ支援の専門家をアサイン
・次期ラウンドや事業提携等に資する伴走支援(VC・事業会社との連携など)

■応募資格(下記要件の全てを満たすこと)
(1)PMF(Product Market Fit)達成またはPMFを達成する見込み(アーリー期)
(2)次期ラウンドの調達を見越した成長を希望するスタートアップ
(3)本プログラム実施期間(令和4年12月から令和5年3月まで)に、大阪市が実施する他のハンズオン 支援又はアクセラレーションプログラムへ参加予定のない会社
※大阪市外の企業も参加可能。産業分野不問。
※「ハンズオン支援」とは、コーディネータが伴走してオーダーメイドでサポートする支援手法

■募集期限
令和4年10月21日(金曜日)17時まで

■選考結果
後日、OIHスタートアップアクセラレーションプログラム(OSAP)ホームページにてお知らせします。

■OSAP実施スケジュール(予定)
・令和4年12月5日(月曜日)
参加スタートアップ企業によるキックオフミーティング

・令和4年12月から令和5年3月まで
有限責任監査法人トーマツの専門家によるハンズオン支援、起業経験者等からのアドバイス、大企業との連携支援、ベンチャーキャピタルからの投資獲得支援等の実施

・令和5年3月13日(月曜日) 成果発表会(デモデイ)

■詳細及び申込み
OIHスタートアップアクセラレーションプログラム(OSAP)ホームページにおいて募集要綱等を掲載し、申込みを受け付けます。
(リンク »)

■主催
公益財団法人大阪産業局

■共催
大阪市

■運営
有限責任監査法人トーマツ

■協力
大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]