編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

エビ用飼料市場、2027年に85億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2022-10-07 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「エビ用飼料の世界市場:産業動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2022年~2027年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を10月6日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界のエビ用飼料市場は、2021年に61億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.6%のCAGRで成長し、2027年には85億米ドル規模に達すると予想されています。

エビ用飼料は、養殖されたエビの必要栄養量を満たすように生産されています。ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、脂肪酸の適切なレベルを調整するのに役立っています。エビ用飼料には、魚油、魚粉、イカ粉、穀物粉、各種添加物などが含まれています。エビ用飼料は、生産サイクルや単位面積当たりの収穫量、収益性を向上させるとともに、エビの養殖による環境汚染の軽減にも貢献しています。

市場の動向
エビ用飼料市場の成長を促す主な要因の一つは、消費者の健康意識の高まりと相まって、食生活のパターンが変化していることです。このため、健康なエビに対する需要は非常に高く、市場の拡大にプラスの影響を与えています。また、先進国だけでなく発展途上国からの強い需要によるバナメイエビの商用化も、この需要を促進しています。さらに、可処分所得の増加、人口増加、エビの養殖方法の改善なども市場を後押ししている要因となっています。

主要な市場区分
エビ用飼料の世界市場は、タイプ、原料、添加物、地域に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分
・養殖業者
・フィニッシャー
・スターター

原料別の市場区分
・大豆ミール
・フィッシュミール
・小麦粉
・魚油
・その他
原材料別では、大豆ミールが最も大きなセグメントを占めています。

添加物別の市場区分
・ビタミン・タンパク質
・脂肪酸
・酸化防止剤
・飼料用酵素
・抗生物質
・その他
このうち、ビタミンとタンパク質は市場において明らかな優位性を示しています。

地域別の市場区分
・アジア太平洋地域
・中南米
・欧州
・北アメリカ
・中東・アフリカ
地域別では、アジア太平洋地域が世界市場全体の過半数を占める主要市場となっています。

市場の競合状況
エビ用飼料の世界市場における主要な企業としては、Charoen Pokphand Foods (CPF)、Cargill、Skretting (A Nutreco Company)、Biomar、Guangdong Yuehai Feed Group Co. Ltd.などが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]