NRIセキュア、特権ID管理ソリューション「SecureCube Access Check」の新バージョン(5.6.0)を発売

「ServiceNow IT Service Management」をはじめとしたITサービスマネジメントツールとの連携が可能に

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2022-10-13 11:00

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、情報システムのあらゆる操作権限を持つ「特権ID」[i]の管理ソリューション「SecureCube Access Check(セキュアキューブアクセスチェック、以下「本製品」)」[ii]の新バージョン(5.6.0)を、本日から販売します。あわせて、ITサービスの効率的な管理を行うためのツール「ServiceNow IT Service Management (サービスナウ アイティ―サービスマネジメント、以下「ITSM」) 」と本製品を連携するためのアプリケーション「Access Check Integration(アクセスチェック インテグレーション)」を提供開始します。
近年、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に伴い、各種のITサービスを効率的・効果的に管理するために、ITサービスマネジメントツールを導入する企業が増えています。そのような企業からは、「特権IDを利用する作業に関しても、ITサービスマネジメントツール上で申請や承認を完結したい」という要望を数多くいただいていました。ご要望に応えるため、「外部サービス連携機能」と「Access Check Integration」を新たに開発しました。それらの機能や特長は、以下の通りです。

■新機能「外部サービス連携機能」
標準機能として提供を開始する「外部サービス連携機能」では、本製品が発行するアクセスキーとシークレットキー[iii]を使用し、外部サービス製品から本製品の任意のWebAPI[iv]を呼び出すことで、本製品とITサービスマネジメントツールの連携が可能になります。

■ITSMとの連携用アプリケーション「Access Check Integration」
「Access Check Integration」と「外部サービス連携機能」を組み合わせることで、特権IDを利用する作業の申請や承認をより効率的に行うことができるようになります。



図1:「Access Check Integration」を使ったServiceNow IT Service Managementとの連携イメージ

図2:ServiceNow IT Service Management上の特権IDの申請画面

本製品の基本ライセンスと初期構築支援を合わせた提供価格は、374万円(税込み412万円)からです。「外部サービス連携機能」で対応するITサービスの例や、本製品の詳細については、次のWebサイトをご参照ください。なお、既に本製品を導入しているお客様においては、「外部サービス連携機能」の利用にあたり、追加費用は発生しません。

(リンク »)


また、「Access Check Integration」は、「日本版 ServiceNow Store」サイトで販売します。年間利用料は120万円(税込み132万円)です。アプリケーションの詳細と購入については、次のサイトをご参照ください。

(リンク »)

NRIセキュアは今後も、企業・組織の情報セキュリティ対策を支援するさまざまな製品・サービスを提供し、安全・安心な情報システム環境と社会の実現に貢献していきます。

■ご参考
ServiceNow Japan 合同会社 執行役員社長 ジェームズ・マクリディ氏からのコメント

ServiceNow Japanは、「Access Check Integration」のリリースを歓迎します。IT資産を数多く保有、運用されているお客様にとって、日々のシステム運用監視や保守作業にかかる工数は、非常に負担になっています。「運用DX」を実現するためにも、ServiceNowとSecureCube Access Checkが連携し、運用スキームを統合化したシステム運用・保守作業は、大いに「運用DX」の実現に貢献できると確信しています。今後は、ServiceNowとSecureCube Access Checkの連携ソリューションを、両社で積極的にお客様に提案して参ります。

© 2022 ServiceNow, Inc.無断転載を禁じます。ServiceNow、ServiceNowロゴ、Now、およびその他のServiceNowマークは、米国およびその他の国々におけるServiceNow, Inc.の商標および/または登録商標です。その他の会社名、製品名、ロゴは、関連する各社の商標である場合があります。

ニュースに関するお問い合わせ
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 広報担当
E-mail:info@nri-secure.co.jp

用語解説

[i] 特権ID:rootやAdministratorなどに代表される、情報システムを利用する上であらゆる操作が可能な最高権限を持つIDを指します。昨今では、クラウド管理を行うアカウントや、SaaSの管理者アカウントなども特権として扱います。

[ii] 本製品は、内部不正やサイバー攻撃の被害拡大を防ぐために、特権IDの管理・運用フローを整備し、アクセス制御、ログの取得・保管等、適切な特権ID管理や監査効率の向上を実現するものです。延べ500以上の企業や組織で利用されており、特権ID管理市場でシェアNo.1を獲得しています。(株式会社アイ・ティ・アールが発行する「ITR Market View:アイデンティティ・アクセス管理/個人認証型セキュリティ市場2022」特権ID管理市場:ベンダー別売上金額シェア(2020年度)に基づく。本製品と、Access Check Essential、SaaS型特権IDソリューション「Cloud Auditor by Access Check」が対象。)

[iii] アクセスキーとシークレットキー:プログラムによるアクセスを認証する際に使用するキーのことです。

[iv] WebAPI(Web Application Programming Interface):他システムと連携するためのプログラムインターフェースを指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]