ノーコード型ETLツール「Reckoner」、新料金プランの提供を開始

株式会社スリーシェイク

2022-12-08 09:00

SREおよびセキュリティのプロフェッショナル集団である、株式会社スリーシェイク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田 拓真、以下スリーシェイク)が提供する、データの統合と活用を実現するノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」は、より多くの企業のDX推進を支援するため、DXスモールスタート向けプランとして「Entry(エントリー)プラン」(月額サービス利用料30,000円)の提供を2022年12月8日(木)より開始することをお知らせいたします。
サービスサイト: (リンク »)

ノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」は、より多くの企業のDX推進を目的として、新料金体系「Entry(エントリー)プラン」の提供を開始します。「Entryプラン」では、従来のプランと比較して大きく引き下げた月額サービス利用料30,000円で「Reckoner」をご利用いただけます。「Entryプラン」は、2022年12月8日よりお申込みを開始いたします。


■新料金プランリリースの背景
コロナ禍において、DX(デジタルトランスフォーメーション)の重要性が高まったこともあり、データの活用がビジネス戦略の中核を担うようになりました。
こうした背景から、企業におけるデータ活用の体制・基盤を整えることが急務に迫られています。

ノーコード型ETLツール「Reckoner」は、圧倒的な使いやすさを追求したデータ連携ツールとして様々な企業にご利用いただいておりますが、DXに対する情勢を踏まえて、さらなる企業のDX推進を支援できないかと考え、低コスト、低負荷で小さく始めたい企業さまにも導入いただきやすいように、DXスモールスタート向けプラン「Entryプラン」を策定いたしました。これにより、DXへの取り組みのハードルを下げ、より多くの企業のデータ活用による事業成長の支援が可能になりました。
「Reckoner」は、今後も日本企業のDX推進に貢献してまいります。

■「Entryプラン」の概要
月額サービス利用料:30,000円
ワークフロー数:2
アップロード量:10GB/月
連携先:3


■Reckonerとは
Reckonerはノーコード型ETL、データパイプラインサービスです。
「仕様策定(プログラム設計)→ 実装 → テスト → 基盤構築 → 運用」と通常だと非常に煩雑なデータ連携を、Reckonerは全てGUIで完結。
データ活用をこれまでにない直感的な方法で実現可能です。
サービスサイト: (リンク »)

Reckonerでは今後もお客様のデータ統合を容易に実現するための機能をリリース予定です。
今なら14日間の無料トライアルも実施可能です。
(リンク »)


【株式会社スリーシェイク】
スリーシェイクは、ITインフラ領域の技術力に強みをもつテクノロジーカンパニーです。2015年の創業から提供しているSREコンサルティング事業「Sreake(スリーク)」では、AWS/Google Cloud/Kubernetesに精通したプロフェッショナルが技術戦略から設計・開発・運用を一貫してサポートしています。またSRE領域で培ったノウハウをベースに、2020年4月にノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」を提供開始し、ビジネス分析やマーケティングへのビックデータ活用を簡易に実現可能としました。以後、フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」やセキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」を提供開始し、DX時代における技術戦略設計からセキュアなアプリケーション開発、データ活用までを一貫提供可能な体制を進めています。

会社名 :株式会社スリーシェイク
代表者 :代表取締役社長 吉田 拓真
所在地 :東京都新宿区大京町22-1 グランファースト新宿御苑
事業内容 :SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営( (リンク ») )
セキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」運営 ( (リンク ») )
ノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」開発・運営 ( (リンク ») )
フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営 ( (リンク ») )
会社HP : (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]