イタリア語対応「日本語能力試験対策(JLPT)」e-ラーニング教材 日本語学校およびイタリアの日本語教育機関向けに制作開始

アテイン株式会社

2022-12-08 15:00

イタリア語対応「日本語能力試験対策(JLPT)」e-ラーニング教材を日本語学校およびイタリア国内の日本語教育機関向けに制作開始することが決定しました。2023年4月より順次提供開始を予定しています。
外国人向けの日本語教育コンテンツ制作、外国人子ども向け日本語教育のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区神田東松下町17ニッテン神田ビル、電話:03-3255-4721、代表取締役:本多成人、資本金:1億1470万円)は、イタリア語対応「日本語能力試験対策(JLPT)」e-ラーニング教材を日本語学校およびイタリア国内の日本語教育機関向けに制作開始することが決定しました。2023年4月より順次提供開始を予定しています。

提供する教材は、アテインが提供している日本語学習教材・日本語学習関連サービスです。2014年より提供を開始し、11カ国語の字幕が付き多言語翻訳された教材は、世界152カ国の18万人以上の方にご利用いただいております。また、日本語能力試験に限らず、技能実習生の方や、高等教育機関への進学を目指す方向けの教材など、その時々のお客様のニーズに応えて、教材制作・サービスの開発に臨んでまいりました。

円安の影響もあり、昨今欧米諸国在住の方向け日本語教材の需要が高まっています。かねてより日本のアニメや漫画などに関心の高い方を中心に日本語を学びたいと考える方が多いようですが、学習者の人口規模の点から、教材の種類が豊富とは言えない現状があるようです。

そこで、多言語で提供する日本語教材制作に強みのあるアテインこそがこの学びのニーズに応えるべきだと考え、制作開始することを決定しました。今回制作するイタリア語字幕版日本語能力試験対策教材は「N5コース」、「N4コース」を2023年4月に提供、「入門編」、「N3コース」、「N2コース」、「N1コース」は完成次第の提供開始を予定しています。

既に提供開始している教材に関しては、無料体験することも可能です。個人でのご利用はもちろん、企業や学校様による団体でのご契約も承っております。お見積も無料ですので、どうぞお気軽にお問合せください。

<参考URL>
・アテインの日本語学習・JLPT対策教材・日本語関連サービスの詳細はこちら
(リンク »)

・アテイン公式YouTube「Talk in Japan」(教材サンプルも掲載中)
(リンク »)

・オンライン日本語学校「AOJランゲージスクール」
(リンク »)

【お問合せはこちら】
アテイン株式会社 広報 金沢佳奈
東京都千代田区神田東松下町17ニッテン神田ビル 郵便101-0042
TEL:03-3255-4721 FAX:03-3255-5680
Attain HP: (リンク »)
メール info@attainj.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]