染料・顔料市場、2027年に440億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2022-12-09 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「染料・顔料市場:世界の産業動向、シェア、規模、成長、機会、2022-2027年の予測」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月8日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
染料・顔料の世界市場は、2021年に347億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4%のCAGRで成長し、2027年には440億米ドル規模に達すると予想されています。
染料・顔料とは、商業的に使用される繊維、紙、皮革、ゴム、その他の飲料などに色を付けるために使用される様々な着色剤を指します。染料は水溶性の物質で、主にプラスチック、布地、皮革、紙、木製品などに液体の形で使用されます。一般的には、分散染料、反応性染料、アゾ染料、バット染料、硫黄染料、溶剤ベースの染料などがあります。一方、顔料は、小さな不溶性の粒子の形をした着色剤で、液体の塗料やインクに混合されます。顔料は通常、材料の表面に顔料を付着させる分散剤と混合されます。

市場の動向
建設業、化学工業、製薬業の著しい成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。また、塗料やコーティングの用途に製品が広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。例えば、繊維業界では、ポリエステルの着色には主に分散染料が使用され、綿織物の着色にはバット染料、反応性染料、直接染料が使用されています。建設業界では、製品の美観、不透明性、耐久性の向上に役立つことから、舗装材、コンクリート石材、タイル、パイプ、パネル、プレキャスト壁などの染色に染料や顔料が使用されています。さらに、大衆の環境意識の高まりや、有機染料・顔料の開発も、市場の成長に寄与しています。従来使用されてきた石油由来の無機染料と比較して、天然染料は、植物由来の化合物や炭素鎖を用いて製造されており、環境汚染を引き起こすことがありません。これに加えて、耐腐食性や耐紫外線(UV)性を備えた製品の開発など、さまざまな製品イノベーションが市場をさらに押し上げると予測されています。

主要な市場区分
世界の染料・顔料市場は、製品タイプ、アプリケーション、地域に基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分
染料
・反応性染料
・ディスパース染料
・イオウ染料
・バター染料
・アゾ染料
・その他
顔料
・有機系
・無機系

アプリケーション別の市場区分
・塗料・コーティング
・繊維
・印刷用インク
・プラスチック着色
・建築材料
・その他

地域別の市場区分
北アメリカ
・アメリカ
・カナダ
アジア太平洋地域
・中国
・日本
・インド
・韓国
・オーストラリア
・インドネシア
・その他
ヨーロッパ
・ドイツ
・フランス
・イギリス
・イタリア
・スペイン
・ロシア
・その他
ラテンアメリカ
・ブラジル
・メキシコ
・その他
中近東・アフリカ



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]