産業用電池の市場規模、2026年に186億1000万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション

2023-01-10 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「産業用電池の世界市場(2022年):ウクライナ・ロシア戦争の影響」(The Business Research Company)の販売を1月6日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

産業用電池の市場規模は、2021年の116億8000万米ドルからCAGR10.9%で成長し、2022年に129億5000万米ドルとし、さらに、2026年には186億1000万米ドルに達すると予測されています。

産業用電池市場は、ニッケル水素電池、炭素系亜鉛電池、ナトリウム電池、アルカリ電池の販売で構成されています。同市場の価値は、商品のメーカーまたは製造者が、他の事業体(川下のメーカー、卸売業者、流通業者、小売業者を含む)または直接最終消費者に販売する商品の価値である、「ファクトリーゲート」の価値となります。なお、同市場におけるモノの価値には、販売する上での関連サービスも含まれます。

産業用電池とは、放電時に上位の活物質を別の状態に変換することで、化学エネルギーを電気に変換する電気化学デバイスを指します。産業用電池は頑丈で、過酷な環境下でも使用できます。また、産業界のニーズに従って、様々なサイズと形状で利用することが可能で、オートメーション、建設機械、ロボット、小型輸送車両など、電池で動作するさまざまな業界の機器に電力を供給するために使用されています。

2021年の産業用電池市場では、北米が最大地域となり、アジア太平洋は、最も急速に成長することが予想されます。

市場価値は、特定の市場および地域で、販売された商品またはサービスから企業が販売、助成金、寄付金を通じて得る収益と定義され、通貨ベース(特に指定しない限り米ドル($ )単位)で表示されます。

特定地域の収益は、消費価値です。つまり、生産地に関係なく、特定地域の組織が特定市場内で生み出した収益です。サプライチェーンの途中や他の製品の一部としての再販による収益は含まれません。

産業用電池の主な種類は、リチウムイオン電池、ニッケル系電池、鉛系電池です。リチウムイオン電池は、電子機器、小型・大型家電製品、電気自動車、電力貯蔵システムなどに使用される、電気化学の主要な構成要素となる高度な電池技術です。用途としては、通信・データ通信、無停電電源装置(UPS)、エネルギー、機器、グリッドストレージなどが挙げられます。エンドユーザーは、国内および産業界全体が含まれます。

通信分野の急速な拡大は、今後、産業用電池市場の成長を促進することが期待されます。電気通信は、遠隔地での電子的な情報伝達であり、通信分野の産業用電池は、ネットワーク機器関連サーバーの電源バックアップ、DC(直流)機器の動作、遠隔地にあり国の送電網にアクセスできない基地局への電力供給などに使用されています。




【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]