リテールクラウドの市場規模、2026年に571億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション

2023-01-26 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「リテールクラウドの世界市場レポート 2022年:ウクライナ・ロシア戦争の影響」(The Business Research Company)の販売を1月25日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

リテールクラウドの市場規模は、2021年の230億6000万米ドルからCAGR20.9%で成長し、2022年に278億8000万米ドルとし、2026年には571億米ドルに達すると予測されています。
ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19の大流行からの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国への、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。
リテールクラウド市場には、リアルタイムデータの提供、在庫のリアルタイムモニタリングと追跡の実現、価格とマージンの管理、顧客データの保存などによって事業者が得る収益が含まれます。市場価値には、サービスプロバイダーが販売する、またはサービス提供に含まれる関連商品の価値も含まれます。

リテールクラウドは、人工知能(AI)とデータ分析を組み合わせたクラウドベースの小売ソリューションで、小売業者は消費者のフィードバックに対応した商品を構築することができます。また、クラウドコンピューティングを利用して、インターネット上の情報源から情報を取得し、顧客のニーズに応えることができます。クラウドコンピューティングは、サプライチェーンとロジスティクスを合理化し、高品質でシームレスな顧客体験の提供を可能にします。2021年は、北米が最大市場となりました。

リテールクラウドの主な種類は、チャネルオペレーション、サプライチェーンマネジメント、顧客管理、マーチャンダイジング、ワークフォースマネジメント、レポートと分析、データセキュリティです。チャネルオペレーションとは、企業が可能な限り多くの顧客にリーチするために、多くのマーケティングおよび販売戦略を展開するプロセスを指します。リテールクラウドは、多数のデータソースを統合して、取引やチャネル(店舗、モバイル、ウェブ、さらにはソーシャルメディア)にまたがる顧客の統一ビューを作成することによって、チャネルオペレーションに活用されます。サービスモデルには、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)などがあり、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドを通じて展開され、中小企業や大企業で利用されています。

スマートフォンの急速な普及が、今後のリテールクラウド市場の成長を牽引すると予想されます。インターネット利用率の高さと5G対応スマートフォンの受け入れが先進国、新興国ともに急増しており、ユーザーは世界中の人々とリアルタイムにつながることができます。このようなデータアクセスの容易さが、スマートフォンの需要拡大につながっています。リテールクラウドのユーザーは、スマートフォンを使って、世界のどこからでもデータにアクセスし、取り出すことができます。例えば、アメリカの超党派シンクタンクであるピュー・リサーチ・センターによると、スマートフォンを所有するアメリカ人の割合は、2019年2月の81%から2021年2月には85%に上昇したと述べています。さらに、インド・ブランド・エクイティ財団(IBEF)のレポートによると、インドのスマートフォン市場は、2011年の1450万台の出荷台数から2020年には1億5000万台へと10倍もの伸びを記録しています。スマートフォンの急速な普及がリテールクラウド市場を推進することになります。




【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]