アクロニス、メールに対するサイバー脅威を阻止する Advanced Email Securityの日本語での提供開始

世界市場で実績あるPerception Pointを採用しAcronis Cyber Protect Cloudのアドバンスドパックの日本市場への本格展開を開始

アクロニス・ジャパン株式会社

2023-03-01 10:00

Advanced Email Securityの日本語化は、フィッシング詐欺やなりすましといったEメールやWebサイト経由で情報を盗み出そうとする脅威が問題となっている日本市場でのアクロニスの本格的展開の一環です。
サイバープロテクションの世界的リーダーであるAcronisの日本法人アクロニス・ジャパン株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長:川崎 哲郎、以下アクロニス)は本日2022年3月1日、Acronis Cyber Protect CloudのアドバンスドパックAdvanced Email Securityの日本語化を完了し、日本での本格展開を進めることを発表いたします。これによりマネージドサービスプロバイダー(MSP)は、Eメールを悪用したサイバー脅威がエンドユーザーに到達する前に検出して停止し、サイバーセキュリティ機能を強化、拡張できます。

今回のAdvanced Email Securityの日本語化は、フィッシング詐欺やなりすましといったEメールやWebサイト経由で情報を盗み出そうとする脅威が問題となっている日本市場でのアクロニスの本格的展開の一環です。

Acronis Cyber Protect CloudとAdvanced Email Securityはネイティブに統合されています。MSPはサイバープロテクションサービスを拡張し、Microsoft 365やGoogle Workspace、Open-Xchangeメールボックス、オンプレミスのメールサーバーなどを保護するための単一ソリューションとして使用可能です。Advanced Email Securityは、スパムやフィッシング、スプーフィング(なりすまし)、ビジネスメール詐欺(BEC)、高度な標的型攻撃(APT)、さらにはセキュリティ侵害の8割に関連しているゼロデイマルウェア攻撃を含むメールを悪用したすべての脅威を阻止します。*

また継続的な機能追加の一環として、最新のリリースでは添付ファイルに起因するリスクを低減するため受信可能な添付ファイルの種別をポリシーベースで制限する機能や、Microsoft 365ユーザー向けにメールボックスから送信されるメールをスキャンし、有害なEメールの送信を防止し事故や風評被害のリスクを低減する機能を追加しました。

アクロニスの最高情報セキュリティ責任者(CISO)を務めるケビン・リード(Kevin Reed)は、次のように述べています。「日本市場への本格展開は世界市場での当社の取り組みにおける重要なモメンタムです。日本はインターネット普及率が高いためターゲットになりやすく、最高レベルのデータ保護が不可欠なことから、Email Securityのような製品が求められます。日本の企業、ひいては社会を詐欺やサイバー攻撃から守ることで、革新的なテクノロジーの発展における一助になれば幸いです。」


本アドバンスドパックに統合されているPerception PointのCEOであるヨーラム・サリンジャー(Yoram Salinger)氏は次のように述べています。「日本ではフィッシング詐欺が増え続けており、パンデミックの影響もありここ5年で被害は50倍になっていると聞いています。アクロニスとPerception Pointのアプローチによって、進化し続けるさまざまな脅威から顧客を守る、という私たちのビジョンの実現につなげていく所存です。」

実績のあるメールセキュリティ
従来のサンドボックス技術で最大で20分かかったマルウェアの判定は、Advanced Email Securityの技術で、Eメールのトラフィックを100%カバーしつつ、スキャン時間を最大で30秒まで短縮できます。

Advanced Email Securityによって、以下が自動的に行えるようになります。
• フィッシングとなりすましを阻止します。
• 悪意のあるコンテンツを隠すための高度な回避技術を検知します。
• Perception Point独自のCPUレベルの技術により、高度な標的型攻撃(APT)やゼロデイ攻撃など、従来の防御をすり抜けるマルウェアやメールの脅威を阻止します。


Advanced Email Securityについての詳細はAcronis デモセンターの動画または (リンク »)  もご参照ください。

* (リンク »)
なお、Advanced Email Securityは以下のパートナー様が提供しております。
(リンク »)

Perception Pointについて
Perception Pointはメール、クラウドストレージ、CRMアプリ、メッセージングプラットフォームなど、あらゆるコラボレーションチャネルにおけるコンテンツベースの攻撃を迅速に遮断するPrevention-as-a-Service(サービスとしてのサイバー保護)を提供しています。フィッシング、BEC、スパム、マルウェア、ゼロデイ攻撃、Nデイなどの攻撃が企業ユーザーに到着する前に防ぐことができます。Perception Pointのソリューションは企業のインフラストラクチャに変更を加えることなく数分で導入でき、あらゆるポリシーや要件に準拠しているため、ITチームは何もする必要がありません。同社のインシデント対応チームは、企業のSOCチームの戦力増強にも役立ちます。

Perception Pointの詳細については、Webサイトをご覧ください。LinkedIn、Facebook、Twitterでフォローしていただくこともできます。


アクロニスについて
アクロニスはデータ保護とサイバーセキュリティを1つのソリューションに統合し、現代のデジタル社会の安全、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)問題の解として統合と自動化されたサイバープロテクションを提供します。アクロニスは、サービスプロバイダーやITプロフェッショナルすべてのシステム、データ、アプリケーション保護のニーズに、革新的な次世代のアンチウイルス、バックアップ、ディザスタリカバリ、人工知能(AI)によるエンドポイント保護管理とサイバープロテクションを柔軟な導入オプションで提供します。アクロニスは、最新のマシンインテリジェンスによる高度なマルウェア対策とブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーで、クラウド、ハイブリッドからオンプレミスまですべての環境を予算に応じて保護します。

アクロニスはシンガポールで設立されたスイス企業です。アクロニスは、45拠点に2000人以上の従業員を擁し、イノベーションに満ちた20年を迎えました。Acronis Cyber Protectソリューションは、150か国以上の国に26言語で提供され、1万6千社を超えるサービスプロバイダーで利用されており75万社を超える企業を保護しています。

このプレスリリースの付帯情報

Acronis Cyber Protect Cloud Email Security

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクロニス・ジャパン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]