夢の「桃鉄×地理」本発売記念! 小・中学生向け「地理」のオンラインクイズ大会、開催決定【参加無料】

株式会社講談社

From: PR TIMES

2023-03-16 11:00

4月9日(日)開催! 新刊「桃太郎電鉄でポイント135 日本地理まるわかり大図鑑」を記念した地理クイズ大会。スタディサプリ人気講師による、最新「中学受験&定期テスト」予想と攻略法を徹底解説します!



[画像1: (リンク ») ]

『桃太郎電鉄でポイント135 日本地理まるわかり大図鑑』発売記念・オンライン地理クイズ大会を4月9日(日)AM11時より開催決定! 参加無料、上位入賞者にはオリジナル図書カードをプレゼントします! ※顔出しは希望者のみです。




『桃太郎電鉄でポイント135 日本地理まるわかり大図鑑』とは




[画像2: (リンク ») ]

累計販売本数350万本を突破したゲーム「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」とスタディサプリの人気No.1講師・伊藤賀一×玉田久文がスペシャルタッグを組んだ、画期的な地理学習本が誕生しました。理解しやすい受験地理頻出項目の4段階まとめで「そうだったんだ」がすぐわかる。受験問題頻出のポイントもばっちりで、中学受験直前のたしかめにも役立ちます。1単元が5分でわかる見開き構成。あっという間に「地理が得意になる」遊んで学んで得しちゃう1冊です。

発売日 2023年3月15日 定価 1760円(税込) 発行:講談社 ISBN:978-4065302644




中学受験・定期テスト対策に役立つ、オリジナルクイズ大会



オンライン地理クイズ大会は書籍の監修を務めたスタディサプリの大人気講師である伊藤賀一先生と玉田久文先生 が出題を担当。エネルギー問題やSDGs、食糧危機など新ジャンルを中心に「今後、中学受験と定期テストで絶対に出題されるであろう」問題 を厳選し、オリジナル4択クイズを作成しました。プロだからこそわかる受験分析もまじえて、徹底解説します。




こんな人におすすめ!



出場は一人でも、親子でもOK! 無料オンラインクイズ大会なので気軽におうちから参加できます。 定員がありますので、申し込みはお早めに。

■こんな人におすすめです
・地理が好きな小・中学生とその保護者
・地理にもっと興味を持ちたい高校生
・昔習った知識を忘れてしまった大学生・社会人

※申し込みに当たっては講談社コクリコCLUBへの無料会員登録が必要になります。未成年の方が参加される場合は、保護者の方が、保護者の方の名義で会員登録を行いお申し込みいただきますよう、お願いいたします。




出演者紹介



出題者
伊藤賀一(いとう がいち)
[画像3: (リンク ») ]

スタディサプリ社会科講師。東進ハイスクールなどを経て、リクルート「スタディサプリ」で、歴史総合・高校日本史・中学歴史など社会科9科目を担当中。「日本一生徒数の多い社会科講師」の異名を持つ。著書・監修書は60冊以上。最新刊は『マインクラフトで楽しく学べる!日本の歴史大図鑑』(宝島社)

出題者
玉田久文(たまだ ひさあき)
[画像4: (リンク ») ]

1980年兵庫県生まれ。2006年より中学受験専門塾の社会科講師として活躍。2010年に独立し、横浜で中学受験専門塾を経営している。2015 年から「スタディサプリ」小学講座で社会科を担当。

MC
向井花(むかい はな)
[画像5: (リンク ») ]

早稲田大学文学部演劇映像コース4年生。女優。香川県出身、高校中退後1浪を経て早稲田大学に合格した元スタディサプリ生。映像作品を中心に舞台やラジオなど幅広く活動中。




オンラインクイズ大会概要



■日時
2023年4月9日(日)11時~12時

■用意するもの
1.Zoom閲覧用のPC等(Google Chrome推奨)
2.解答用のスマートフォンもしくはタブレット(端末はあらかじめ、QRコードを読み取れる設定をお願いします)
※1.2.両方が必要です。

■参加費:無料

■定員:300人(先着順)

■賞品:最終成績上位3名に、講談社コクリコオリジナル図書カードを贈呈いたします。1位は10,000円分、2位と3位は5,000円分です。

■主催:株式会社 講談社

■視聴・参加方法:開催日時となりましたら応募完了メールにあるURLから参加してください。今回はZoomを用いたオンラインイベントです。まず、スマホ等でQRコードを読み込んで参加登録していただき、その後Zoomの画面から出題される問題の選択肢がスマホ等に表示され、そちらをタップして解答することでクイズに参加できます。

■申込方法:下記の講談社コクリコのオンラインクイズ大会特設ページからお申込みください。申込の際は講談社コクリコCLUB会員への登録が必要になります。(会員登録がお済みでない方は、登録手続きをお願いします)申込完了後に、応募完了メールをお送りします。未成年の方が参加される場合は保護者の方が保護者の方の名義で登録を行ってください。

オンラインクイズ特設サイト(講談社コクリコ)
URL: (リンク »)

※メールの設定などにより、応募完了メールが届かない場合があります。もし開催日までにメールが届かないようでしたらお手数ですが「講談社コクリコ」セミナー事務局 <seminar_cocreco@kodansha.co.jp> 宛てにお問合せください。



『桃太郎電鉄でポイント135 日本地理まるわかり大図鑑』好評発売中!



ゲームといっしょに勉強が頭に入る「ゲーミフィケーション」決定版! 桃鉄世代の親子で楽しく「地理」を攻略しよう!


1988年に第1作目が登場して以来、幅広い年代に楽しまれている国民的ボードゲーム「桃太郎電鉄」。「桃太郎電鉄」を遊んで学んで地理が得意になる地理の決定版が書籍になりました!
[画像6: (リンク ») ]

中学受験から、中学の定期テスト対策まで、日本地理の出る順ポイントが135。SDGsやエネルギー問題、地産地消や再生エネルギーなど、最新トピックもいっぱいで、日本地理の全体像がばっちりつかめます。
[画像7: (リンク ») ]

監修に「日本でいちばん生徒数の多い社会科講師」伊藤賀一先生と、「中学受験問題のエキスパート」玉田久文先生というスタディサプリ中学&小学のトップ講師を迎えた「本当に使える日本地理」ブック! 友だちや家族に出したくなるクイズもいっぱいです!
[画像8: (リンク ») ]

【商品情報】

[画像9: (リンク ») ]

桃太郎電鉄でポイント135 日本地理まるわかり大図鑑
2023年3月15日発売
定価:1760円(税込)
発行:講談社
ISBN:978-4065302644



「桃太郎電鉄」シリーズとは


1988年にファミリーコンピュータ向けに第1作目が登場して以来、およそ35年にわたって幅広い年代の方々に楽しまれている国民的ボードゲームです。プレーヤーは鉄道会社の社長となり、各地を巡って物件を買い集め、総資産ナンバーワンを目指します。2020年に発売された『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』(Nintendo Switch™用ソフト)は、1人でも家族でも、そしてオンラインでも、おうち時間を楽しく過ごせるゲームとしてご好評をいただき、累計販売本数350万本(2022年3月22日時点)を超えるヒット作となっています。
また、シリーズの特徴を活かしたデジタル教材『桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~』を制作し、2023年より学校教育機関向けに無償で提供しています。


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]