サイバーリーズン、「Cybereason XDR」の日本市場における本格展開を2023年4月3日より開始

サイバーリーズン合同会社

From: PR TIMES

2023-03-28 20:46

~インシデントの調査や対応時間を大幅に短縮し、「セキュリティ人材不足」の課題を解決~

AI(人工知能)を活用したサイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason」を国内向けに提供するサイバーリーズン合同会社(本社:東京都中央区、代表執行役員社長:山野 修)、以下「サイバーリーズン」)は、エンドポイント、ネットワーク、ID管理・統合認証、クラウド、ワークスペースを含む、企業・組織のIT環境全体のログデータを相関解析し、これまでにない速さでサイバー攻撃の検知、把握、対処を行うことができる「Cybereason XDR」の提供を2023年4月3日より、全ての企業・組織を対象にした本格的な展開を開始します。

サイバーリーズンでは、2022年3月にCybereason XDRを発表して以来、一部の先行導入ユーザー様への展開を進めてまいりました。その結果、国内においても複数の導入、採用実績を経て、この度、この先行導入ユーザー様のフィードバックを反映した「Cybereason XDR」を日本の全ての企業・組織を対象にして提供開始することとなりました。

手法が高度化しているランサムウェア攻撃や事業停止などにも影響するサプライチェーン攻撃において、クラウドサービスやVPN機器などエンドポイント以外への攻撃が増加しています。守るべき領域・リソースが拡大している中、より強固な対策、より早く広い調査とレスポンスが求められている企業・組織は「セキュリティ人材不足」という課題に直面しています。実際にサイバーリーズンが2023年1月に実施した調査※1では、72%の組織は「サイバーセキュリティの人材を十分に確保できていない」と回答するなど、その課題は深刻な状況となっています。

「Cybereason XDR」は、MITRE ATT&CKで最高評価のCybereason EDRの検知能力をベースに、広範囲に渡る高度な攻撃の調査を自動化し、攻撃の全体像を可視化することにより、お客様のインシデントの調査や対応時間を大幅に短縮することができます。さらに、専門アナリストが24時間365日お客様の環境を監視するMDRサービスを組み合わせることで、お客様のセキュリティチームを強力に支援し、「セキュリティ人材不足」の課題を解決に導きます。

サイバーリーズンは、今後もますます巧妙化・多様化するサイバー攻撃に対して、「Cybereason XDR」、「Cybereason EDR」および「Cybereason Endpoint Prevention(NGAV・Endpoint Control)」「Cybereason MDRサービス」などの製品・サービスの強化に取り組むことで、お客様のシステム環境における高い投資対効果と強固なセキュリティ対策の実現を支援していきます。

<「Cybereason XDR」の特長>
1.第三者機関最高評価、国内シェアNo.1※2 のEDRの検知能力がベース
IDF(イスラエル国防軍)やNSA(アメリカ国家安全保障局で勤務していたメンバーや、脅威インテリジェンスチームには元8200部隊の出身者が所属しており、その結果として、Cybereason EDR はMITRE ATT&CK Round 4で最高評価を獲得。情報資産を保護する強力なEDRの検知能力をベースにXDRが連動します。

2.ベンダーロックインのないオープンXDR
連携ソリューションを自社製品に依存しない柔軟な外部ソリューションとの連携を実現します。このため、お客様はCybereason XDRを導入時に既存のセキュリティソリューションの置き換えを検討する必要がありません。

3.日本やEUそしてUSごとの厳密なデータ管理
ISMAPの認定を受けたCybereason EDR、Cybereason Endpoint Prevention、Cybereason MDR(登録番号: C21-0025-2)をベースに、XDRにおいても同様にお客様のデータをそれぞれのリージョン内だけで補完・管理を行い、各種コンプライアンス要件を満たす形で提供されます。

4.製品売りにとどまらないお客様のセキュリティ強化支援
製品を販売するだけでなく、様々なセキュリティサービスをご提供することにより、トータルセキュリティパートナーとしてお客様のセキュリティを強化・整備します。

※1 セキュリティ対策に関する調査(2023年1月実施)
(リンク »)
※2 出典:デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社「外部脅威対策ソリューション市場の現状と将来展望2022年度 サイバーセキュリティソリューション市場18版目」
(リンク »)

■Cybereason XDR製品紹介ページ
(リンク »)

<サイバーリーズン合同会社 会社概要>
社名:サイバーリーズン合同会社
設立日:2016年3月9日
代表執行役員社長:山野修
所在地:東京都中央区京橋1-17-10 住友商事京橋ビル8階
事業内容:サイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason」の日本市場での提供およびそれに付帯する事業
URL: (リンク »)

※Cybereason およびCybereasonのロゴは、Cybereason Inc.の米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
※その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
※このプレスリリースに記載されている内容、製品・サービスの価格、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]