パブリックリレーションズの市場規模、2027年に1338億2000万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション

2023-03-30 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「パブリックリレーションズの世界市場レポート 2023年」(The Business Research Company)の販売を3月29日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

パブリックリレーションズ(PR)の市場規模は、2022年の1003億9000万米ドルからCAGR6.6%で成長し、2023年には1070億5000万米ドルとし、さらに、2027年には1338億2000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

パブリックリレーションズ市場は、組織とその顧客間のコミュニケーションの管理、設計、実施などのサービスに関わる事業者が得る収益で構成されています。PR会社の活動は、クライアントのイメージを向上させ、消費者、政府、一般市民、従業員、投資家など、クライアントとそのステークホルダーとの良好な関係を促進することを目的としています。パブリックリレーションズは、個人または組織から、適切な一般大衆またはターゲットオーディエンスに対して、そのオーディエンスの見方を変えるために情報を組織化し、発信するプロセスで、企業が広報戦術を構築・組織化し、その効果を長期的に測定するのに役立ちます。2022年のパブリックリレーションズ市場は、北米が最大となり、西ヨーロッパが、2番目に大きな地域となりました。

パブリックリレーションズの主な種類は、プライベートPRファームとパブリックPRファームです。PR会社は、企業の製品やサービスに関する世論を揺さぶることを目的としています。媒体としては、イベント、ソーシャルメディア、インフルエンサーマーケティング、企業ウェブサイト、テレビ、印刷物などがあり、消費財・小売、BFSI、政府・公共機関、通信、IT、ヘルスケア、メディア、エンターテインメントなど、さまざまな業種で利用されています。

競争優位を獲得するためのニーズの高まりが、パブリックリレーションズ市場を牽引しています。パブリックリレーションズは、組織のミッションに沿って、すべての機能を一つのビジョンで統合することができ、顧客やクライアントと組織を結びつけることで、組織の競争優位性を生み出し、製品やサービスの認知度を高めることができます。たとえば、飲料ブランドのTropicanaは、あるPRキャンペーンで、150mlの小さなグラスに入った自社のオレンジジュースで、1日のビタミンCの60%を摂取できることを示しました。





【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]