住友不動産株式会社が発行するグリーンボンドへの投資のお知らせ

ソニー銀行株式会社

From: PR TIMES

2023-04-13 12:16

優れた環境性能を有する物件のリファイナンスなどを支援

ソニー銀行株式会社(代表取締役社長:南 啓二/本社:東京都千代田区/以下 ソニー銀行)は、住友不動産株式会社(以下 住友不動産)が発行するグリーンボンド(以下 本債券)への投資を実施しましたのでお知らせいたします。



住友不動産のグリーンボンドにより調達された資金は、優れた環境性能を有する物件に付与される「DBJ Green Building認証」のうち3つ星以上を取得した物件のリファイナンス資金等に充当されます。

住友不動産は、国際資本市場協会(ICMA)の「グリーンボンド原則(Green Bond Principles)2021」および環境省の「グリーンボンドガイドライン2020年版」などに則したグリーンファイナンス・フレームワークを策定しています。
また、住友不動産は、環境性能が優れた物件を開発し、適切な維持管理や更新により性能の維持向上を図り、長期にわたり保有し続けることで、社会全体の環境改善に貢献していくという方針のもとサステナビリティ経営を推進しています。

ソニー銀行は、本債券への投資を通じ、SDGsの実現に貢献すると同時に、責任ある機関投資家としての責務を果たし、ソニーフィナンシャルグループ共通のESG投資方針に則して、持続可能な社会の形成への貢献をより一層進めてまいります。

本債券の概要

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ソニー銀行株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]