NRIセキュア、住信SBIネット銀行「NEOBANK®」に「Uni-ID Libra」を提供開始

高いセキュリティレベルで金融システム向けのAPI保護を実現する「FAPI」に対応する基盤へ

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2023-05-17 11:00

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、住信SBIネット銀行株式会社(以下「住信SBIネット銀行」)の「NEOBANK®(ネオバンク)」に対して、 BtoCサービス向け統合IAM[i]ソリューション「Uni-ID Libra(ユニアイディー リブラ)」の提供を、2023年4月に開始しました。
NEOBANKとは、住信SBIネット銀行が提供する「銀行機能」のブランド名です。決済や預金、貸出などの銀行機能を、BaaS(Banking as a Service)として提供するとともに、生体認証やAPI(Application Programming Interface)公開にもいち早く対応し、その利便性の高さから、さまざまな業種のパートナー企業が増え続けています。

NEOBANKの更なる成長へ向け、将来の拡張性を確保できるようなWeb基盤を同行が検討するなかで、このたび、NRIセキュアが開発するUni-ID Libraが採用されました。

Uni-ID Libraの採用にあたっては、ID認証技術とサイバーセキュリティ双方に詳しいNRIセキュアの専門家が導入を支援する点が、理由として挙げられています。またUni-ID Libraに組み込まれているAuthlete(オースリート)社の認可処理エンジンは、高いセキュリティレベルでAPIを保護できる規格「FAPI」[ii]の最新仕様に準拠しており、国内外のインターネットバンキングサービスへの提供実績があることから、NEOBANKにおいても他サービスとAPI連携を行う際に高い安全性を確保できることが評価されました。


Uni-ID Libraの詳細については、次のWebサイトをご参照ください。
(リンク »)

NRIセキュアは今後も、Uni-ID Libraの提供を通して、国内外の様々なサービスの安全・安心を支えていきます。

ニュースに関するお問い合わせ
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 広報担当
E-mail:info@nri-secure.co.jp

用語解説

[i] IAM:Identity and Access Managementの略称。IDとそのアクセスを管理するためのソリューションを指します。

[ii] FAPI:外部からのデータやサービスに対するアクセスを、利用者の同意に基づいて認可するためのフレームワーク「OAuth2.0」を拡張したAPI保護規格のことです。米国OpenID Foundationにより策定されており、高いセキュリティレベルを実現することができます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]