NEC、『”電子帳簿保存法”解説とAIによるラクラク文書管理セミナー』を中堅・中小企業向けに再々開催

日本電気株式会社

From: PR TIMES

2023-05-23 11:00

まもなく"完全義務化"の電帳法、専門家によるポイント解説とAIを活用した対応方法を紹介

NECは、大好評のうちに終幕した『電帳法対応!AIでラクラク文書管理セミナー』を、2023年6月7日(水)に再々開催いたします。
本セミナーでは、まもなく”完全義務化”する電子帳簿保存法への対応ポイントと、アップロードするだけでAIが自動で取引書類を分類し台帳を作成する、電帳法対応に最適なソリューションをご紹介します。



[画像: (リンク ») ]

前回・前々回開催時に非常に反響の大きかった『電帳法対応!AIでラクラク文書管理セミナー』を、2023年6月7日(水)にWebセミナーにて再々開催いたします。
2024年1月に”完全義務化”する改正電子帳簿保存法は、「電子取引書類の紙保存」が禁止され、様々な保存要件が設けられています。2023年10月に施行されるインボイス制度も電帳法への対応が必要です。
対応猶予があと約半年となった電帳法ですが、実際には「対応方法がよくわからず後回しになっている」という企業様も少なくありません。
本セミナーでは、そういったお客様向けに、書類の電子化をコンサルする専門家の株式会社ケインズアイ様より「電子帳簿保存法対応のポイント」を解説いただき、その後、NECの新AI文書管理サービス『OPTiM 電子帳簿保存』をご紹介いたします。
『OPTiM 電子帳簿保存』は、アップロードするだけで自動でAIが、取引書類の分類、書類情報の抽出、台帳の作成を実行してくれるため、工数をかけることなく電帳法対応と社内文書の一元管理を実現することが可能です。

●開催概要
【日時】2023年6月7日(水)13:00~14:00(入室開始 12:50)
【会場】Webセミナー
【主催】NEC
【参加費】無料(事前申込み制)
【定員】500名
【お申し込み】
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]