One to Oneマーケティングを支援する「OMOソリューション」を提供開始 銀座・和光の富裕層顧客への“接遇”に必要な統合的なデータ利活用・マーケティングの高度化を実現

セイコーソリューションズ株式会社

2023-05-31 15:30

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、顧客データの活用のための基盤構築、データ統合、分析から、マーケティングの高度化や業務効率化まで、お客さまのデータ活用をトータルで支援する「OMOソリューション」を2023年5月より提供開始しました。

本サービスは、銀座にて長年高品質で格調高い商品・サービスを提供し続けている高級専門店の株式会社 和光(東京都中央区、代表取締役社長:石井 俊太郎、以下 和光)にて採用されており、同社が目指す“接遇”に必要な、OMO*1などの統合的なデータ利活用の仕組み構築や、マーケティングの高度化、顧客体験向上を支援しています。

■本サービスの提供の背景
近年、スマートフォンの普及や新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延により、消費者の購買行動の多様化が加速しており、それに合わせて企業側では顧客の状況に合わせた快適な顧客体験の提供やマーケティングの進化が求められています。
そうした中、小売業界などでは、オンラインとオフラインを横断した購買体験の向上やパーソナライズドマーケティングの必要性が高まっていますが、一方、実店舗(オフライン)とオンラインショップの顧客データや購買データが紐づいていなかったり、接客の現場とつながっていなかったりすることが多く、顧客データのサイロ化が課題となっています。
本サービス「OMOソリューション」は、オンラインとオフラインなどにサイロ化した顧客データの統合や、分析、マーケティング高度化、業務効率化まで、企業のOMO戦略をサポート。収集すべきデータの特定や取得方法などのプランニングから、データ統合基盤の構築、データ統合、分析、運用などのシステム対応に至るまで、お客さまのデータ活用をトータルで支援します。

■本サービスの特長
特長1:OMOの実現に向けたデータ基盤構築
 顧客データの効果的な活用計画を作成し、OMOが実現できるセキュアな顧客データ統合基盤を構築

特長2:データ活用のトータルサポート
 購買履歴・行動が見えるダッシュボート作成や、デジタルマーケティング自動化、効果の見える化、統合基盤の運用に至るまで、一気通貫で対応

特長3:スピーディでリーズナブル
 AWSなどのクラウドサービスを活用した構築・ノウハウ活用により、パッケージ導入型の基盤に対し、リーズナブルな構築が可能

なお、本サービスを採用した和光の富裕層顧客への“接遇”実践事例を紹介するセミナーを2023年7月20日(木)にセイコーハウス銀座にて開催します。


■銀座・和光での導入事例紹介
~お客さまを深く理解し、One to Oneの“接遇”を実現するために~
和光は、銀座の時計塔で有名な、70年以上にわたり高品質で格調高い商品・サービスを提供し続けている高級専門店です。和光ではこれまで、銀座の実店舗に加え、オンラインストアの運営や、SNS運用などのオンラインのデジタルマーケティングを実施していました。しかしながら、店舗とオンラインのデータは紐づいておらず、オンラインとオフラインを横断したOMOでの顧客理解、接客体験の向上には十分に取り組めていませんでした。
和光では、創業以来「おもてなし精神」を育んできており、お客さまを深く理解し、One to Oneの“接遇”を実現するため、OMOの実現を目指し、本サービスが採用されました。
データ統合基盤構築やマーケティングの自動化、データ可視化・ダッシュボードの構築などの利活用の仕組みの導入などを支援することで、接客品質向上、接客品質の向上やマーケティング高度化、PDCAのためのモニタリングを実現しています。

<和光からのエンドースメント>
和光は、“日本のラグジュアリーブランド”を目指し、新しい商品・売り方を通じて顧客層の拡大に努めています。その一環として、One to Oneマーケティングの向上や社員が接客に集中できる情報基盤整備として、データ統合基盤の構築を行いました。このたび採用したセイコーソリューションズのOMOソリューションは、スモールスタートが可能で、One to Oneマーケティングに必要な顧客データの統合・分析・セグメント化・施策PDCAをトータルで提供する仕組みになっています。セイコーソリューションズには、より高品質なおもてなしの提供を通じてお客さまに満足と感動をお届けすることができる新たな提案を期待しています。

株式会社 和光


*1 OMO:Online Merges with Offlineの略。オンラインとオフライン(実店舗)を融合して顧客体験の向上を目的とするマーケティング手法。

※「OMOソリューション」の詳細および和光の導入事例については下記URLをご参照ください。
  (リンク »)

※本文中に記載されている製品名などは各社の登録商標または商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 マーケティングコミュニケーション統括部
 担当:片山  tel:043-273-3147  e-mail:pr-center@seiko-sol.co.jp

お客さまからのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 戦略ビジネス本部 戦略ビジネス第2統括部
 担当:中迫  tel:03-6779-8950  e-mail:support@seiko-sol.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

サービスの概要イメージ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

セイコーソリューションズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]