RADWIMPS|Adobe Photoshop『大団円 feat.ZORN』リリックアートプロジェクトを開催

アドビ株式会社

From: PR TIMES

2023-07-14 11:46

~アーティスト、音楽ファン、クリエイターが共に作り上げるリリックビデオにあなたの応募作品が選ばれるチャンス~

アドビ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:Claire Darley(クレア ダーレイ)、以下 アドビ)は、国内外から絶大な支持を集めるロックバンドRADWIMPSとのコラボキャンペーン「RADWIMPS|Adobe Photoshop 『大団円 feat.ZORN』リリックアートプロジェクト」 を、本日7月14日(金)より開催いたします。



[画像1: (リンク ») ]

本キャンペーンは、RADWIMPSの新曲『大団円 feat.ZORN』の歌詞をテーマに、Adobe Photoshopでリリックアートを制作し、その作品をTwitterに投稿するキャンペーンです。その後、作品の中から選ばれたリリックアートをつなぎ合わせ、『大団円 feat.ZORN』スペシャルリリックビデオを制作し、RADWIMPS公式アカウントにて公開いたします。アーティスト、音楽ファン、クリエイターが共に作り上げるリリックアートプロジェクトに、ぜひご参加ください。

本プロジェクトは、Adobe Photoshopの無料体験版を利用しての参加が可能です。また、今回初めてAdobe Photoshopを使用する方向けには、エントリーキットやチュートリアル動画も用意しています。楽曲ならびに歌詞から感じる世界を自由に表現してご応募ください。

【リリックアートとは】
歌詞(リリック)のフレーズを用いて、楽曲のイメージに合わせて自由な発想で作り上げるビジュアル作品です。今回のプロジェクトでは、RADWINPS「大団円 feat.ZORN」の歌詞のフレーズと画像などを組み合わせて、Adobe Photoshopで編集をしたオリジナルのビジュアル作品を募集します。

[画像2: (リンク ») ]


【RADWIMPS×Adobe Photoshop『大団円 feat.ZORN』リリックアートプロジェクト概要】

実施期間:2023年7月14日(金)10:00 ~ 7月31日(月)23:59

募集内容:特設ページにて掲載中の『大団円 feat.ZORN』の対象の歌詞の中から好きなフレーズを選びます。楽曲のイメージから着想して、歌詞と画像などを自由に組み合わせてリリックアートを作成してください。作品の制作にはAdobe Photoshopをご利用ください。特設ページでは、誰でも簡単にクオリティの高いリリックアートを作れるチュートリアル動画や、初心者向けのエントリーキット(素材集)などを紹介しています。

※RADWIMPSメンバーの写真やライブ写真等を使用することはできません。
※第三者の著作物を無断で撮影、使用することはできません。リリックアートに使用する素材は全て応募者または制作者に権利が帰属するもののみを使用して作成ください。
※特定の人物、ブランドが特定できるものはリリックアートに含めることはできません。ロゴが入った看板やネオンサインなど建物の肖像権やプライバシーに配慮し、事前の許諾があるものに限ります。

参加方法:
STEP1:Adobe Photoshopでリリックアートを作成
STEP2:#大団円リリックアート #RADWIMPS のハッシュタグをつけて作品をTwitterに投稿!
STEP3:応募者情報をフォームに入力

特設ページ:
本キャンペーンの詳細は下記のアドビブログよりご確認ください。
(リンク »)  

■RADWIMPS『大団円 feat.ZORN』について
ジャンルという既存の枠組みに捉われない音楽性、恋愛から死生観までを哲学的に、情緒的に描いた歌詞で、思春期を過ごす世代を中心に幅広い層に大きな支持を受けているRADWIMPS。彼らがラッパー ZORNをフィーチャリングアーティストに迎えた同曲は、Jリーグ開幕30周年を記念したアンセムとして制作され、2023年5月14日に国立競技場のピッチで初披露されました。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[動画: (リンク ») ]



■「アドビ」について
アドビは、「世界を動かすデジタル体験を」をミッションとして、3つのクラウドソリューションで、優れた顧客体験を提供できるよう企業・個人のお客様を支援しています。Creative Cloud( (リンク ») )は、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上の デスクトップアプリやモバイルアプリ、サービスを提供しています。Document Cloud( (リンク ») )では、デジタル文書の作成、編集、共有、スキャン、署名が簡単にでき、デバイスに関わらず文書のやり取りと共同作業が安全に行えます。Experience Cloud( (リンク ») )は、コンテンツ管理、パーソナライゼーション、データ分析、コマースに対し、顧客ロイヤルティおよび企業の長期的な成功を推進する優れた顧客体験の提供を支援しています。これら製品、サービスの多くで、アドビの人工知能(AI)と機械学習のプラットフォームであるAdobe Sensei( (リンク ») )を活用しています。

アドビ株式会社は米Adobe Inc.の日本法人です。日本市場においては、人々の創造性を解放するデジタルトランスフォーメーションを推進するため、「心、おどる、デジタル」というビジョンのもと、心にひびく、社会がつながる、幸せなデジタル社会の実現を目指します。

アドビに関する詳細な情報は、webサイト( (リンク ») )をご覧ください。

(C) 2023 Adobe. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドビ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]